更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

くらしの安心情報第56号

くらしの安心情報第56号
くらしの安心ネットとやま
平成23年5月13日

目次

  • 悪質商法に関する情報(PDFファイルで添付)
    • 新聞の折込みチラシに「9,000円相当の健康飲料水3ヶ月間無料。送料と個人情報管理システム費のみ負担。」とあり申し込もうと思いますが、信用できるでしょうか?(情報ファイルNO.106)情報ファイルNO.106(PDF:89KB)
  • 製品等の安全・安心情報
    • 飲食物に似ている商品の誤飲・誤食に注意!
    • 腸管出血性大腸菌による食中毒について

製品等の安全・安心情報

飲食物に似ている商品の誤飲・誤食に注意!

愛知県内の家庭で、居間に置いてあった液体のペットボトル入り入浴剤を4歳の男児がお茶と間違えて飲んだところ、呼吸困難となり意識がなくなったという事故の情報が消費者庁に寄せられました(事故後、男児はすぐに病院に運ばれて胃の中を洗浄し、入院後3日目には退院したとのことです。後遺症はなし。)
このような、誤飲・誤食事故の発生を防止するためには、まずは、子どもや高齢者などが間違えて口にしないように家庭や事業所などでしっかり管理されることが必要であると考えます。
保管にあたっては、改めて次の点に注意していただきますようお願いします。

  1. 飲料や食品と間違えやすい形状の入浴剤等は、子どもの手の届かないところに置くなど、取扱いには特に注意してください。
  2. 万一、入浴剤等を誤飲・誤食した場合には、すぐに医師の診察を受けてください。診察の際、誤飲・誤食した入浴剤等を持参するなど、成分の分かるものがあれば参考になる場合があります。

なお、今回誤飲事故の発生した入浴剤は、市販されている飲料と同様の形状をした透明のペットボトル容器に入れられていること、容器のラベルが緑色であること、内容物の色がお茶の色に近いことなど、外観上、ペットボトル入りのお茶に似た特徴を備えていました。容器のラベルには「使用上の注意」として「本品は食べられませんのでお子様の手の届かない場所に保管して下さい」との記載がありますが、子どもや高齢者などの誤飲を防ぐためには記載だけでは限界があります。
消費者庁が当該入浴剤の製造・販売事業者に連絡をとったところ、当該事業者は、今回の事故も踏まえて、当該入浴剤の容器やラベルを変更するとしています。

<問い合わせ先>
消費者庁事故情報対応チーム
金児、滝
電話:03-3507-9146

腸管出血性大腸菌による食中毒について

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部消費生活センター 

〒930-0805 富山市湊入船町6-7 富山県民共生センター内

電話番号:富山本所 076-432-9233、高岡支所 0766-25-2777

ファックス番号:富山本所 076-431-2631、高岡支所 0766-25-2890

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?