更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

くらしの安心情報第40号

くらしの安心情報第40号
くらしの安心ネットとやま
平成22年1月12日

目次

  • 悪質商法に関する情報(PDFファイルで添付)
  • 製品等の安全・安心情報
    • 暖房器具による事故防止について
  • その他、消費者行政に関する各種情報
    • 消費者ホットライン実施について

製品等の安全・安心情報

暖房器具による事故防止について

本格的な冬を迎え、暖房器具の取り扱いの「誤使用や不注意」による火災等の事故が多く発生しています。暖房器具を使用する際には、事故の起きないように、次の点に注意してください。

  • (1)電気ストーブ
    1. 就寝時や外出時は、必ず電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。
    2. 布団、カーテンや新聞紙、雑誌など可燃物の近くでは使用しないでください。
    3. 洗濯物や衣類等を暖房器具の上に吊るしたり、干したりしないでください。
  • (2)石油ストーブ、石油温風暖房機
    1. 布団、カーテンや新聞紙、雑誌など可燃物の近くでは使用しないでください。
    2. 給油する際は、必ず火を消してください。
    3. カートリッジタンクのふたが完全に締まっているかを必ず確認し、さらに給油口を下にして油もれのないことを確認してください。
    4. 給油時に間違ってガソリンを入れないよう、灯油であることを確認してください。
    5. 使用中は、1時間に1~2度は部屋の窓を開けて換気をし、就寝時は消火してください。
    6. 洗濯物や衣類等を暖房器具の上に吊るしたり、干したりしないでください。
  • (3)ガスストーブ、ガス温風暖房機
    1. 布団、カーテンや新聞紙、雑誌など可燃物の近くでは使用しないでください。
    2. 使用中は、1時間に1~2度は部屋の窓を開けて換気をし、就寝時は消火してください。
    3. 洗濯物や衣類等を暖房器具の上に吊るしたり、干したりしないでください。
    4. ガスホースは所定のものをお使いください。

万一の場合、火災の発生をいち早く知らせてくれるのが住宅用火災警報器です。皆さんの生命と財産を守るためにも、まだ設置していないご家庭では是非取り付けてください。
また、、NITE(ナイト:独立行政法人製品評価技術基盤機構)では、暖房機器による事故事例を挙げて、注意喚起をしていますのでご覧ください。

NITEホームページ
http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs091216.html(外部サイトへリンク)

その他、消費者行政に関する各種情報

消費者ホットライン実施について

消費者庁は消費者ホットラインを、1月12日(火曜日)から全国で実施しました。
消費者ホットラインは、消費生活センター等の消費生活相談窓口の存在をご存知ない消費者に、お近くの消費生活相談窓口をご案内することにより、消費生活相談への最初の一歩をお手伝いするものです。
全国での実施にあわせ、土日祝日についても、市区町村や都道府県の消費生活センター等が開所していない場合には、国民生活センターで相談を受け付けるなど、年末年始を除いて原則毎日ご利用いただけます。
消費者ホットラインの番号は、
0570-064-370
ゼロ.ゴー.ナナ.ゼロ 守ろうよ みんなを です。

消費生活相談でどこに相談してよいか分からない場合には、一人で悩まずに
消費者ホットラインをご利用ください。

詳細については、消費者庁ホームページをご覧ください。
消費者庁ホームページ アドレス:http://www.caa.go.jp/(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部消費生活センター 

〒930-0805 富山市湊入船町6-7 富山県民共生センター内

電話番号:富山本所 076-432-9233、高岡支所 0766-25-2777

ファックス番号:富山本所 076-431-2631、高岡支所 0766-25-2890

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?