更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

くらしの安心情報第15号

くらしの安心情報第15号
くらしの安心ネットとやま
平成19年12月10日

「くらしの安心情報第15号」をお届けします。

目次

  • 悪質商法に関する情報(PDFファイルで添付)
  • 製品等の安全・安心情報
    • 石油ストーブによる火災に注意!
    • 冬場でも発生する食中毒~ノロウイルスに注意しましょう!
  • その他、消費者行政に関する各種情報
    • 「富山県多重債務者対策協議会」の設立について

製品等の安全・安心情報

石油ストーブによる火災に注意!

そろそろ寒さも増してきて、石油ストーブなどを使用されているご家庭も多いかと思いますが、毎年、石油ストーブによる住宅火災が発生しています。
事故事例を紹介しますので、事故の起きないように、使用される際は、下記の「注意事項」を必ず守ってください。

  • (事例1)石油ストーブを消火せずに給油した際、カートリッジタンクのふたが十分に締まっていなかったために、漏れた灯油にストーブの火が引火して居間などを焼いた。
  • (事例2)石油ストーブに灯油と間違えてガソリンを給油したために出火、住宅を全焼して1人が死亡した。

注意事項

  • 石油ストーブに給油する際は、必ず火を消しましょう。
  • カートリッジタンクのふたが完全に締まっているかどうか必ず確認しましょう。
  • 絶対にガソリンは入れないでください。ガソリンを保管する際は、灯油と間違えないように、ポリタンクでの保管はやめましょう。

その他、リコール情報や製品事故に関する情報は以下のアドレスでご覧になれます。

冬場でも発生する食中毒~ノロウイルスに注意しましょう!

この時期は、忘年会など大勢で会食する機会が増え、また、冬季は、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が流行する時期ですから、次のことに十分注意してください。

  • (1)調理の前後・トイレの後などには、手洗いを徹底すること。
  • (2)生肉やカキなど加熱調理をする食品は、十分加熱して食べること。
    (担当課:富山県厚生部生活衛生課)

また、富山県の“食の安全・安心情報”ホームページ及び厚生労働省ホームページ「ノロウイルスに関するQ&A」も参考にしてください。

その他、消費者行政に関する各種情報

「富山県多重債務者対策協議会」の設立について

深刻化する多重債務問題について、国、県、市町村及び関係団体が一体となって取り組むため、「富山県多重債務者対策協議会」を設立しました。
(第1回協議会:11月30日(金曜日)14時00分~16時00分)
関係機関等と連携しながら、多重債務者を相談窓口に確実に誘導するなど、多重債務者対策の推進に取り組んでいきます。

第1回協議会で決めた今後の取組み

  • 県の関係所属において滞納者等が督促などの話の中で、多重債務者と確認できた場合には、県消費生活センターを紹介する。
  • 県消費生活センターでは、相談があったときに、相談員が弁護士会・司法書士会にその場で直接連絡し、相談者が弁護士会・司法書士会へ出向く日を設定する。

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部消費生活センター 

〒930-0805 富山市湊入船町6-7 富山県民共生センター内

電話番号:富山本所 076-432-9233、高岡支所 0766-25-2777

ファックス番号:富山本所 076-431-2631、高岡支所 0766-25-2890

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?