更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

くらしの安心情報第14号

くらしの安心情報第14号
くらしの安心ネットとやま
平成19年11月12日

「くらしの安心情報第14号」をお届けします。

「多重債務者無料相談会」のご案内

富山県では、深刻化する多重債務問題への対応の一環として、県弁護士会・県司法書士会・市町村と共同で、下記の日程で、弁護士、司法書士による多重債務者無料相談会を実施します。
多くの方に利用していただけるよう、貴機関.団体内での周知などにご協力くださいますようお願いいたします。

  • (1)日時
    平成19年12月12日(水曜日)、13日(木曜日)
    両日とも午前10時から午後4時まで
  • (2)場所
    富山県民共生センターサンフォルテ303号室
    富山市湊入船町6-7(富山駅北口より徒歩約10分)
  • (3)申込.問合先
    富山県県民生活課消費生活係
    電話076-444-3129

※相談を希望される方は、事前に申込みをお願いします。

詳細は、富山県ホームページをご覧ください。
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1711/index.html(生活環境文化部 県民生活課のページ)

皆さんへのお願い

配信しました情報は、メール、FAX、コピーの配付などにより、皆さんの組織の構成員の方々に伝えていただきますよう、格段のご配慮をお願いいたします。

また、市町村におかれては、消費者行政担当部署のみではなく、必要に応じて、福祉担当部署や教育担当部署へも伝えていただきますよう、お願いいたします。

何よりも大切なことは、皆さんと情報を共有し、連携することによって、消費者被害の個別救済とともに、被害を未然に防止することと考えております。

目次

  • 悪質商法に関する情報(PDFファイルで添付)
  • 製品等の安全・安心情報
    • 電気ストーブによる事故に注意!!

製品等の安全・安心情報

電気ストーブによる事故に注意!!

朝晩が肌寒くなってきて、電気ストーブ(電気ストーブ、ハロゲンヒーター、カーボンヒーターなど)をお使いのご家庭が増えてきているかと思います。

製品評価技術基盤機構(NITE)では、製品安全情報マガジン(製品安全に関する情報を登録者に隔週金曜日に配信)で電気ストーブの事故事例を紹介して、取扱いの注意を呼びかけています。

  • (事例1)木造2階建て住宅から出火、約40平方メートルを全焼し、隣家の屋根の一部を焦がしました。
    (原因)電気ストーブをつけたまま就寝していたため、掛け布団が電気ストーブに触れ、着火したものと推定されます。
  • (事例2)鉄筋2階建て住宅の電気ストーブ付近から出火し、2階部分約70平方メートルを焼きました。
    (原因)電気ストーブの近くに吊して干してあった洗濯物が電気ストーブの上に落下し、火災に至ったと推定されます。

事例1のように、電気ストーブを点けたまま就寝して事故になるケースは多くあります。寝返りを打った際に布団が接触したり、輻射熱で寝具が過熱したりし火災に至るケースです。就寝前に必ず電源を切るようにしてください。
事例2のように、洗濯物を乾かそうと電気ストーブ近くに干したり、ストーブの前に置いたりして事故に至るケースも多くあります。洗濯物や衣類を電気ストーブの上や近くに置かないようご注意ください。
なお、製品安全情報マガジンの詳細、登録は下記のホームページをご覧ください。
http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html(製品安全情報マガジンの詳細、登録のページ)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部消費生活センター 

〒930-0805 富山市湊入船町6-7 富山県民共生センター内

電話番号:富山本所 076-432-9233、高岡支所 0766-25-2777

ファックス番号:富山本所 076-431-2631、高岡支所 0766-25-2890

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?