トップページ > 魅力・観光・文化 > 文化 > 文化財 > 富山県水墨美術館 > 企画展|富山県水墨美術館 > 篠田桃紅:とどめ得ぬもの―墨のいろ心のかたち|富山県水墨美術館

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

篠田桃紅:とどめ得ぬもの―墨のいろ心のかたち|富山県水墨美術館

篠田桃紅は、文字の形にとらわれない水墨抽象画という独自のスタイルを確立し、現在まで常に新しい表現に挑戦し続けてきました。桃紅は、自然や時代の変化の中に漂いうつろう、「とどめ得ぬもの」に寄り添い、そこに見出した一筋の「墨いろ」の線は、無限の広がりを感じさせるリズムを奏でます。
本展覧会では、桃紅が日本の古典文学と書法を学び出発した初期の作品から、文字を離れて墨の色や線を追求し、独自の抽象表現を確立したニューヨークでの挑戦とその後、そして、余分なものを極限まで削ぎ落として新たな形に昇華し、一瞬の「心のかたち」を追求し続ける現在までの変遷を、約60点の作品と資料を通して辿ります。

*展覧会チラシ(PDF:2,579KB)

開催概要

会期

2020年2月7日(金曜)~3月22日(日曜)

会期中の休館日

月曜日(2月24日を除く)、2月12日(水曜)、2月25日(火曜)

開館時間

午前9時30分から午後6時まで(入室は午後5時30分まで)

観覧料

[前売り]一般のみ550円
[当日]一般700円(550円)大学生350円(270円)

  • 前売券の販売期間は2月6日(木曜)までです。
  • ()内は20人以上の団体料金です。
  • この料金で常設展も観覧できます。
  • 小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種手帳をお持ちの方は観覧無料です。

主催

富山県水墨美術館、富山新聞社、北國新聞社、北日本放送

協力

公益財団法人岐阜現代美術財団、鍋屋バイテック会社

協賛

アイザック、ユニゾーン、スギノマシン、東亜薬品、リードケミカル、日東メディック、トヨタカローラ富山、デュプロ北陸販売(順不同)

会期中のイベント

講演会「篠田桃紅-墨のいろと心のかたち」→新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止いたします。

日時:3月7日(土曜)午後2時から(開場1時30分)

講師:宮崎香里氏(公益財団法人岐阜現代美術財団岐阜現代美術館・シニアキュレーター)

会場:映像ホール(申込不要、聴講無料)

ミュージアムコンサート2019「和みの響」

日時:2月15日(土曜)午後2時から
出演:新井紗央理氏(ヴァイオリン)、井上貴信氏(チェロ)、小西史紘氏(パーカッション・久乗編鐘)
会場:エントランスホール(申込不要、入場無料)

映像上映「私の前に道はなかった~篠田桃紅105歳の軌跡~」

会期中、展示室内ホワイエにて、いつでもご覧いただけます。(テレビ信州制作・上映時間約25分)

  • 企画展観覧券が必要です。

おもな出品作品


「月読み」
1978年・公益財団法人岐阜現代美術財団蔵


「行人」
1965年・公益財団法人岐阜現代美術財団蔵


「いろは」
1960-65年・鍋屋バイテック会社蔵


「時間」
1958年・鍋屋バイテック会社蔵


「百」
2012年・鍋屋バイテック会社蔵


「越くら山」百人一首カルタ
2011年・鍋屋バイテック会社蔵

 

「風の影」
1994年・公益財団法人岐阜現代美術財団蔵

「萩原朔太郎 詩」
1950-54年・鍋屋バイテック会社蔵

水墨美術館ホーム 企画展 常設展
館の概要 利用案内 アクセス

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部水墨美術館 

〒930-0887 富山市五福777 

電話番号:076-431-3719

ファックス番号:076-431-3720

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?