トップページ > 魅力・観光・文化 > 文化 > 文化財 > 富山県水墨美術館 > 企画展|富山県水墨美術館 > 生誕100年記念―小松均展|富山県水墨美術館

更新日:2021年3月30日

ここから本文です。

生誕100年記念―小松均展|富山県水墨美術館

小松均(明治35年-平成元年)は、京都・大原での自給自足の生活と、白髭を蓄えた独特の風貌から「仙人画家」と呼ばれ、親しまれました。
この展覧会は、小松均の生誕100年を記念して開催される、没後初の大規模な回顧展です。
山形県大石田町に生まれた小松均は、大正9年に彫刻家を志して上京、はじめ川端画学校に学びました。同13年第4回国画創作協会展に入選し、翌年京都に移り土田麦僊に師事、以後同展に出品します。昭和3年の同展解散後、新たに新樹社の結成に参画する一方、同5年に第11回帝展で特選を受賞し、同年の第17回院展にも入選するなど、新進画家としての注目を集めました。そして、同21年の第21回院展で日本美術院賞を受賞し同人に推挙され、以後、同展を中心に活躍しました。
昭和31年には、神奈川県・柿生から再び京都・大原に居を移し、大原の自然を描きはじめました。それらは、現場で巻紙を画板にとめ、対象から目を離さずに写し取る独自の手法で描かれた横長の画面であり、そこには同4年頃から続けた墨画の研究成果があらわれています。故郷山形の最上川も同様の手法で描き、同40年芸術選奨文部大臣賞を受賞、そして同61年には文化功労者として顕彰されています。
また、昭和10年頃から戦後にかけての約12年間に渡って、たびたび本県を訪れ作品を残すなど、富山ともゆかりの深い作家です。
本展では、初期から晩年までの代表作約50点に富山ゆかりの作品を加えて展示し、小松均の画業をあらためて回顧し、紹介します。

おおはらふうけい
「大原風景」
昭和40年(1965)頃
富山県水墨美術館蔵
おおいわしゅうさんず
「大岩秋山図」
昭和20年(1945)頃
富山県水墨美術館蔵
つばきとしょうじょ
「椿と少女」
昭和12年(1937)頃
やせ
「八瀬」
昭和3年(1928)
宮城県美術館蔵はなのもり
「花の森」
昭和7年(1932)頃
秋田県立近代美術館蔵

はるのもがみがわ
「春の最上川」昭和49年(1974)秋田県立近代美術館蔵

掲載図版の無断転用・転載を禁じます。

  • 会期:2002年4月5日(金曜)~5月6日(月曜)
    • 会期中に作品の一部を展示替(前期4月5日~21日、後期4月23日~5月6日)
  • 開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)
  • 休館日:月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)
    • 4月27日(土曜)から5月6日(月曜)の間は連続して開館
  • 観覧料:一般900円(団体700円)/高大生650円(団体500円)/小中生450円(団体320円)
    • 団体料金は20人以上の場合。
    • この料金で常設展も観覧できます。
    • 土曜・日曜・祝日の小学生・中学生・高校生の観覧は企画・常設展とも無料です。
  • 主催:富山県水墨美術館、読売新聞北陸支社、北日本放送
  • 後援:NHK富山放送局
  • 協力:小松均美術館
  • 問合せ:富山県水墨美術館/〒930-0887富山市五福777番地/Tel.076-431-3719/Fax.076-431-3720
  • 関連行事:講演会「色彩と墨の芸術」~小松均を偲んで~
    • 日時:平成14年4月21日(日曜)午後2時から〈入場無料〉
    • 講師:大須賀潔(おおすがきよし)氏(京都市立芸術大学芸術資料館学芸員)
    • 会場:富山県水墨美術館映像ホール
水墨美術館ホーム 企画展 常設展
館の概要 利用案内 アクセス

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部水墨美術館 

〒930-0887 富山市五福777 

電話番号:076-431-3719

ファックス番号:076-431-3720

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?