トップページ > 魅力・観光・文化 > 文化 > 文化財 > 富山県水墨美術館 > 企画展|富山県水墨美術館 > 名都美術館名品展―恋する日本画|富山県水墨美術館

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

名都美術館名品展―恋する日本画|富山県水墨美術館

近現代のすぐれた日本画コレクションで知られる名都美術館(愛知県長久手市)は、実業家、林軍一氏が会社経営の傍ら長年にわたって収集した作品を中心に、約400点の日本画を収蔵しています。それらは、気品ある美しさ、心を癒す優しさという観点から収集されており、美術愛好家に高い人気を誇ります。
本展では、同館が所蔵する日本画コレクションから名品を選りすぐり、美人画と近代日本画の巨匠たちに焦点をあてて紹介します。作品に恋い焦がれ、コレクターが愛して止まない日本画の世界をご覧ください。

会期

2018年5月25日(金曜)~7月8日(日曜)

  • 6月18日(月曜)に作品の一部展示替を行います。

会期中の休館日

月曜日

開館時間

午前9時30分から午後6時まで(入室は午後5時30分まで)

観覧料

[前売り]一般のみ1,000円
[当日]一般1,200(1,000)円/大学生1,000(700)円

  • 前売券の販売期間は、5月24日(木曜)までです。
  • ()内は20人以上の団体料金です。
  • この料金で常設展も観覧できます。
  • 小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、18歳以下の方、各種手帳をお持ちの方は観覧無料です。

主催

富山県、名都美術館展実行委員会(富山県水墨美術館、富山テレビ放送)

共催

北日本新聞社

協力

名都美術館

特別協賛

北陸銀行

協賛

牛島屋、大阪屋ショップ、大谷製鉄、北日本物産、五万石、積水ハウス、トヨタカローラ富山、森記念秋水美術館(順不同)

会期中のイベント

学芸員による作品解説会

日時:6月2日(土曜)・16日(土曜)、7月7日(土曜)14時から

  • 展覧会の観覧券が必要です。申込不要

「恋するギャラリートーク」中井りか(NGT48)×鬼頭美奈子(名都美術館学芸員)

日時:6月23日(土曜)(1)11時から/(2)14時から
会場:映像ホール・展示室

おもな出品作品

上村松園《春秋》
上村松園《春秋》昭和5(1930)年
[6月17日(日曜)まで展示]

橋本関雪《玄猿図》
橋本関雪《玄猿図》
横山大観《正気放光》
横山大観《正気放光》昭和17年(1942)年
上村松園《わか葉》
上村松園《わか葉》昭和15(1940)年
[6月19日(火曜)から展示]
川合玉堂《澗底》
川合玉堂《澗底》昭和26(1951)年頃
橋本明治《舞》
橋本明治《舞》昭和43年(1968)年
伊藤小坡《春のよそほい》
伊藤小坡《春のよそほい》昭和5(1930)年

出品目録〈日本語〉(PDF:206KB)〈English〉(PDF:172KB)

水墨美術館ホーム 企画展 常設展
館の概要 利用案内 アクセス

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部水墨美術館 

〒930-0887 富山市五福777 

電話番号:076-431-3719

ファックス番号:076-431-3720

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?