トップページ > 魅力・観光・文化 > 文化 > 文化財 > 富山県水墨美術館 > 企画展|富山県水墨美術館 > 北斎漫画と冨嶽三十六景展|富山県水墨美術館

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

北斎漫画と冨嶽三十六景展|富山県水墨美術館

この展覧会では、葛飾北斎の生誕250年を記念し、北斎の二大傑作といわれる《北斎漫画》と《冨嶽三十六景》を紹介します。葛飾北斎は、幕末の江戸で活躍した三大浮世絵師の一人で、ヨーロッパの印象派の画家たちに大きな影響を与えたことで知られ、平成9年にアメリカの「ライフ誌」が企画した「この千年間に偉大な業績をあげた100人」に日本人で唯一選ばれるなど、今なお海外でも高い評価を得ています。本展は、明治24年に京都で創業した美術出版社である芸艸堂(うんそうどう)が創業120周年事業として取り組んだ、伝承版木による《北斎漫画》の手摺版の完成を機会に公開するもので、現代の職人たちの手技によって再現された北斎芸術の集大成ともいわれる《北斎漫画》を版木と共に展示します。また、風景版画というジャンルを極めた最高傑作と称される原コレクション《冨嶽三十六景》全46図を併せて展示することで、幅広い作域を持つ北斎の世界をあらためて紹介し、その魅力を探ります。

ずはん「ほくさいまんが・ひゃくめんそう」
「北斎漫画・十編二十丁表・百面相(部分)」

ずはん「ほくさいまんが・ぶれいこう」ずはん「ほくさいまんが・ぶれいこう」ずはん「ほくさいまんが・ぶれいこう」

ずはん「ほくさいまんが・ぶれいこう」ずはん「ほくさいまんが・ぶれいこう」

ずはん「ほくさいまんが・ぶれいこう」ずはん「ほくさいまんが・ぶれいこう」ずはん「ほくさいまんが・ぶれいこう」

「北斎漫画・八編十ニ丁裏・十三丁表・無礼講(部分)」

ずはん「ふがくさんじゅうろっけい・かながわおきなみうら」
「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」

ずはん「ふがくさんじゅうろっけい・がいふうかいせい」
「冨嶽三十六景・凱風快晴」

掲載図版の無断転用・転載を禁じます。

  • 会期:2010年9月25日(土曜)~11月3日(水曜・祝日)
  • 休館日:月曜日(ただし、10月11日は開館)、10月12日(火曜)
  • 開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)
  • 観覧料:〈当日〉一般900円(団体700円)、大学生650円(団体500円)/〈前売〉一般のみ700円
    • ()内は20人以上の団体料金
    • この料金で常設展も観覧できます。
    • 小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。
  • 主催:富山県水墨美術館、富山新聞社、北國新聞社
  • 共催:チューリップテレビ
  • 協賛:朝日印刷、武内プレス工業、トヨタカローラ富山、北陸銀行、北陸電力、リードケミカル
  • 協力:美術書出版株式会社芸艸堂、中外産業株式会社
  • 企画協力:アートシステム
  • 問合せ:富山県水墨美術館/〒930-0887富山市五福777番地/Tel.076-431-3719/Fax.076-431-3720
水墨美術館ホーム 企画展 常設展
館の概要 利用案内 アクセス

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部水墨美術館 

〒930-0887 富山市五福777 

電話番号:076-431-3719

ファックス番号:076-431-3720

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?