更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

下保昭展|富山県水墨美術館

この展覧会は、下保昭氏の画業を紹介するもので、開館記念シリーズ展から数えて3回目の開催となります。
下保氏は、昭和2年富山県砺波市に生まれ、昭和24年に西山翠嶂の青甲社に入門します。翌年の第6回日展に初入選し、同展で菊華賞や文部大臣賞などの受賞を重ね、昭和60年には芸術選奨文部大臣賞を受賞しています。昭和63年に日展を脱会して以後水墨画に専心し、「水墨黄山(こうざん)」などの〈中国シリーズ〉によって独自の水墨画の世界を確立しました。また、近年は〈日本の山水シリーズ〉に見られるように、日本の風土特有のたおやかなやさしさと霊的なものの表現に力を注いでいます。
本展では、近作を含め本格的に水墨画に取り組んで以降の制作を物語る作品36点を展示し、その独自の画業を紹介します。

ずはん「さくらじま」
「桜島」平成13(2001)年/砺波市美術館蔵

ずはん「つるぎだけ」
「剣岳」平成17(2005)年
ずはん「くろべきょう」
「黒部峡」平成17(2005)年

ずはん「しょうみょうぼせつ」
「称名暮雪」平成10(1999)年/砺波市美術館蔵

ずはん「ろざんそうばく」
「盧山双瀑」昭和60(1985)年

ずはん「がんすいとえん」
「岩漿吐焔」平成14(2002)年/京都国立近代美術館蔵

掲載図版の無断転用・転載を禁じます。

  • 会期:2010年1月22日(金曜)~3月14日(日曜)
  • 休館日:月曜日、2月12日(金曜)
  • 開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)
  • 観覧料:〈当日〉一般700円(団体550円)、大学生500円(団体380円)/〈前売〉一般のみ550円
    • ()内は20人以上の団体料金
    • この料金で常設展も観覧できます。
    • 小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は観覧無料です。
  • 主催:富山県水墨美術館、北日本新聞社、富山テレビ放送
  • 問合せ:富山県水墨美術館/〒930-0887富山市五福777番地/Tel.076-431-3719/Fax.076-431-3720
水墨美術館ホーム 企画展 常設展
館の概要 利用案内 アクセス

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部水墨美術館 

〒930-0887 富山市五福777 

電話番号:076-431-3719

ファックス番号:076-431-3720

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?