更新日:2022年2月28日

ここから本文です。

高岡市立中田中学校科学部

活動場所:高岡市の中田中学校内、中庭にある「郷里の泉」

活動内容

科学部の主な活動として、ゲンジボタルの幼虫を飼育して、川に放し、増やしたり、カワニナの生活や、アシツキノリ・トミヨの研究をしたりしている。とくにホタルの幼虫を育てている6月から11月は、土曜・日曜日も休まずに飼育しなければならないので、地域の保存会の人にも協力してもらっている。天然記念物のゲンジボタルは、中田地区全体で大切にする取り組みであり、この科学部の活動も地域に広く認められている。校内では、中田中ホタルサポーターズの組織を立ち上げたり、ホタル・ガイドツアーを実施したりして、科学部員だけでなく、多くの生徒が積極的に活動に参加できるようにしている。学校の敷地内には、平成7年に作られたビオトープ(*注1)の「郷里の泉」があり、だれでも見たり、歩いたりすることができる。毎年6月には、郷里の泉でも10匹あまりのゲンジボタルが観察できます。

  • (*注1)ビオトープ:小川などを人工的に作るなど、生物が住みやすいように環境を整えた生息空間。

概要

代表者 校長
事務局住所 高岡市中田260
連絡先 0766-36-1127(高岡市立中田中学校)
構成組織 高岡市立中田中学校科学部員
活動時期・頻度 通年・毎日

沿革

昭和46年 活動開始
昭和51年 日本学生科学賞 内閣総理大臣賞
平成2年 環境庁 「水環境賞」表彰
平成21年 富山県知事 環境保全功労者表彰
平成29年 富山県生物多様性保全推進モデル校
平成29年 とやま環境賞ジュニア活動賞
平成30年 環境大臣表彰(地域環境保全功労者)
平成31年 こどもホタレンジャー審査員特別賞

高岡市立中田中学校科学部1

高岡市立中田中学校科学部2 高岡市立中田中学校科学部3

ひとこと

「郷里の泉」は、一般に開放されており、だれでもいつでも気軽に見学できるようになっている。郷里の泉では、ゲンジボタルの他に、アシツキノリやトミヨなどの天然記念物を観察することができる。

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部環境保全課水質保全係

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング8階

電話番号:076-444-3146

ファックス番号:076-444-3481

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?