更新日:2022年2月28日

ここから本文です。

舟川新桜並木保存会

活動場所:朝日町舟川新の舟川

活動内容

昭和30年代、舟川の河川改修の完成のときに、町内総意のもとに、環境整備の一環として、堤防の両岸にサクラを植樹することが提案され、住民全員の手によって、はじめは、両岸800mの区間にソメイヨシノおよそ200本が2年がかりで植えられ、現在は、両岸1,200mに280本がいっせいに花を咲かせる。保存会では、年齢層ごとに、役わりを分担し、青壮年層は、病害虫の駆除・剪定・草刈り・植樹を行い、女性層や老人層は、花見シーズンの前後を中心にそうじを行う。先人が残したサクラを守り残そうと、町内ぐるみで大切にし、また楽しむために活動を続けている。

概要

代表者 非公開
事務局住所 非公開
連絡先 非公開
構成組織 朝日町舟川新の住民
活動時期・頻度 2~9月・月2回

沿革

平成7年1月 設立(活動開始は昭和30年代)
平成3年 日本さくらの会功労者表彰、北日本新聞地域社会賞
平成6年 建設大臣功労者表彰、富山県功労表彰

舟川新桜並木保存会1

舟川新桜並木保存会2 舟川新桜並木保存会3

ひとこと

舟川新地区では、チューリップや菜の花の栽培がさかんである。サクラの咲く時期には、色鮮やかなチューリップと菜の花、桜並木、そして残雪の朝日岳、舟川の清流とが、絶妙なコントラストを作っていて、この絵になる風景を写真に写そうと、県内外から多くの人が訪れている。

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部環境保全課水質保全係

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング8階

電話番号:076-444-3146

ファックス番号:076-444-3481

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?