更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

62 砺波嵐山 〔砺波市庄川町庄ほか〕

庄川右岸の三条山は、京都嵐山の景色に似ていることから「砺波嵐山」と呼ばれています。ここには、数多くのエドヒガンが自生しており、春には山の斜面に点々と咲く様子が見られ、対岸の舟戸公園と比べると野趣にとんだ風景を楽しめます。

エドヒガンがこれほど自生している場所は大変貴重で、昭和48年(1973)には当時の庄川町の町の花に指定され、現砺波市でも市の花木に指定されています。

また、保護育成のため、有志により「砺波嵐山保存会」が設立され、日常の管理はもとより苗木の増殖なども行われています。

  • 所在地 砺波市庄川町庄外
  • 交通 JR砺波駅より車で20分、砺波I.Cより車で15分
  • 周辺のみどころ 庄川水記念公園、庄川美術館
  • 問い合わせ先 庄川水記念公園(0763-82-5696)

砺波嵐山に咲く桜の画像

山々に咲き誇る桜

(左)アクセス地図(右)自生するエドヒガンの様子

Google Mapを見る(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林政策課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3384

ファックス番号:076-444-4428

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?