更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

23 いたち川べり 〔富山市牛島新町~大泉〕

神通川と常願寺川をつなぐいたち川は、作家宮本輝の芥川賞受賞作「螢川」の舞台となっています。市街地を緩やかに蛇行しながら流れ、松川と合流した後に神通川へと注ぎ、桜並木は松川合流点から上下に延べ約4km続きます。

また、いたち川には多くの橋が架けられており、橋の上から見るさくらの景色は橋ごとに違う景色を楽しめます。泉橋近くの石倉町の延命地蔵尊には湧き水があり、「平成の名水100選」に選ばれています。

いたち川べりの概要

いたち川べりの満開の桜の様子

満開の桜の下のベンチでくつろぐ人の様子

(左)アクセス地図(右)さくらの豆知識「紫宸殿(南殿)のサクラ」

Google Mapを見る(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林政策課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3384

ファックス番号:076-444-4428

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?