更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

59 浄教寺てまり桜 〔小矢部市興法寺〕

このサクラは、富山県中央植物園の調査研究により、平成21年(2009)新品種として発表されたもので、現在、この1本しか見つかっていません。

名称については、その名が示すとおり、浄教寺というお寺の古木のサクラで、花弁が100枚以上におよび球のようになる様子から、新品種として判明後、住職により命名されました。

調査研究によると、純粋なヤマザクラが、菊咲き(花弁数100枚以上)になったものとわかりました。菊咲き性のサクラの栽培品種は全国で約27種が知られていますが、このうち純粋なヤマザクラに由来するものは、このサクラで3種目であり、貴重なサクラといえます。

樹齢は150年以上で、樹勢も年々衰退傾向にあることから、富
山県中央植物園の指導のもと、県立中央農業高校の生物工学コー
スの生徒たちによりバイオ技術を使った増殖研究が行われています。

浄教寺てまり桜の概要

てまり桜のアップ写真

浄教寺とてまり桜の全景

アクセス地図

Google Mapを見る(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林政策課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3384

ファックス番号:076-444-4428

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?