更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

52 駒つなぎ桜 〔氷見市粟原〕

このサクラは、推定樹齢460年と言われているエドヒガンの古木で、県の天然記念物に指定されています。地名が示すとおり、万葉集にある布勢の水海がこの地まで続いていて、かつてここには船着場があったといわれています。越中の国守であった大伴家持が能登へ渡る際に、このサクラの木に馬を繋いだ伝説から「駒つなぎ桜」「駒止め桜」と呼ばれるようになったといわれています。

民家の脇にひっそり立つこのサクラは、静かに時の移り代わりを眺めてきたのでしょう。歴史の重みを感じさせてくれる貴重な古木といえます。

  • 所在地 氷見市粟原
  • 交通 JR氷見駅から車で10分
  • 周辺のみどころ 国指定天然記念物十二町潟オニバス発祥地、
    国指定史跡柳田布尾山古墳、県指定名勝光久寺の茶庭
  • 問い合わせ先 氷見市花みどり推進室(0766-91-7117)

駒つなぎ桜写真

民家裏に咲く駒つなぎ桜の様子

アクセス地図

Google Mapを見る(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林政策課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3384

ファックス番号:076-444-4428

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?