トップページ > くらし・健康・教育 > 生活・税金 > 食生活・食の安全 > 豚肉(レバー等の内臓を含む)の生食は禁止です!

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

豚肉(レバー等の内臓を含む)の生食は禁止です!

平成24年7月に法律で牛レバーの生食が禁止された後、一部の飲食店で豚レバーが生食用として提供されていましたが、E型肝炎ウイルス、食中毒菌や寄生虫による健康被害の恐れがあることから、平成27年6月12日から豚肉(内臓を含む。)の生食用としての提供・販売が禁止されました。

豚レバーをはじめとする豚肉を生で食べることの危険性について

豚レバーを生で食べると・・・
E型肝炎ウイルス、サルモネラ属菌や寄生虫(有鉤条虫、アジア条虫)などに感染するリスクがあり、重症となる場合があります。

※ 豚や牛のレバーは生食せず、十分加熱して食べましょう!
(飲食店などの営業者は、「中心部まで十分加熱して食べましょう」等の掲示を行いましょう)

※ 飲食店の営業者は、客が牛や豚のレバーを生で食べることを黙認してはいけません!

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:厚生部生活衛生課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3229

ファックス番号:076-444-3497

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?