更新日:2021年7月30日

ここから本文です。

2.がんの予防

(1)がんを予防するための重要な6つの要因

がん予防

国立がん研究センターの調査の結果では、以下の5つの健康習慣を実践することで、男性で43%、女性で37%がんになるリスクを減らすことができるとしています。

  • (1)禁煙する
  • (2)節酒する
  • (3)食生活を見直す
  • (4)身体を動かす
  • (5)適正体重を維持する

詳しくは、「関連リンク」の「科学的根拠に基づくがん予防(国立がん研究センターがん情報サービス)」をご覧ください。

(2)がん検診の種類

がん検診受診シンボルマーク診断と治療の進歩により、一部のがんでは早期発見、そして早期治療が可能となってきました。がん検診はこうした医療技術に基づき、がんの死亡率を減少させることができる確実な方法です。
国では、がん検診の効果について、評価を行い、科学的根拠に基づいて効果があるがん検診を推奨しています。また、こうしたがん検診が市町村の事業として行われるよう、指針を示しています。
富山県内の全ての市町村において、国の指針で定めるがん検診が実施されています。

がん検診

(参考)国の指針で定めるがん検診
種類 検査項目 対象者 受診間隔
胃がん 問診に加え、胃部エックス線検査又は胃内視鏡検査のいずれか 50歳以上
※当分の間、胃部エックス線検査については40歳以上に対し実施可
2年に1回
※当分の間、胃部エックス線検査については年1回実施可
子宮頸がん検診 問診、視診、子宮頸部の細胞診及び内診 20歳以上 2年に1回
肺がん検診 質問(問診)、胸部エックス線検査及び喀痰細胞診 40歳以上 年1回
乳がん検診 問診及び乳房エックス線検査(マンモグラフィ)
※視診、触診は推奨しない
40歳以上 2年に1回
大腸がん検診 問診及び便潜血検査 40歳以上 年1回

関連リンク

科学的根拠に基づくがん予防(国立がん研究センターがん情報サービス)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3222

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?