更新日:2021年5月25日

ここから本文です。

1.富山県のがんの現状

 富山県では、年間約3,500人ががんで亡くなっており、死因の第一位となっています。

 

主要死因別死亡率(人口10万対)の推移

1.主要死因別死亡率(人口10万対)の推移

 ※厚生労働省「人口動態統計」

 

 働きざかり世代のがんによる死亡の割合が高くなっています。

富山県の年代別主要死因構成割合(令和元年)

3.年代別主要死因構成割合(令和元年)

 ※厚生労働省「人口動態統計」

 

 がんの部位別の死亡率では、性別により違いがあります。

 富山県の男性の死亡率の第一位は肺がん、女性は大腸がんとなっています。年齢調整死亡率では、男性は肺がん、女性は乳がんが第一位となっています。

 

富山県のがんの部位別粗死亡率(人口10万対)

 男性

がんの部位別粗死亡率(男性) 

 女性

部位別粗死亡率女性

 ※厚生労働省「人口動態統計」

 

富山県のがん部位別75歳未満年齢調整死亡率(人口10万対)

 男性

75男

 女性

75女

 ※国立がん研究センター資料より作成

 

 がんでは罹患(病気にかかること)率にも男女で違いがあります。

 男性は胃がん、女性は乳がんの罹患率が最も高くなっています。

 

富山県のがん罹患状況【平成29年】

H29罹患数(男女)

 ※厚生労働省「全国がん罹患数・率報告書2017年」

 

【全国】主要部位別罹患割合の年次推移(男女別)

 男性

主要部位別罹患割合(男性)

 女性

主要部位別罹患割合(女性)

 ※国立がん研究センター「全国がん罹患モニタリング集計」及び厚生労働省「全国がん罹患数・率報告書2017年」

 

 罹患率はがんは年齢を追うごとに高くなっています。

 がんは50歳を超えたあたりから罹患率が上昇しています。

 

【全国】年齢階級別罹患率(人口10万対 2017年)

年齢階級別罹患率2017

国立がん研究センター「全国がん登録罹患数・率報告」

 

 県では「がん検診受診啓発チラシ」を作成しています。ページ下部「関連リンク」よりご覧ください。

 また、国立がん研究センターがん情報サービスでは、がんについて、がんが疑われたときから治療後の生活に至るまで、その時点で必要と思われる情報が掲載されています。詳しくは、ページ下部「関連リンク」よりご覧ください。

 

関連リンク

それぞれのがんの解説(国立がん研究センターがん情報サービス)(外部サイトへリンク)

がん検診受診啓発チラシ(R3.4作成)(PDF:777KB)

 

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3222

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?