更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

食品衛生関係営業について

1 許可の必要な食品衛生関係営業の手続きについて

飲食店の営業や、一部の食品の製造販売には、食品衛生法に基づく許可が必要です。
許可を得るには「富山県食品衛生条例」に定める施設基準に合致している必要があります。
そのため、営業の場所が決まったら、早期に施設の図面を持って厚生センターで、相談・指導を受けてください。
営業許可申請書様式は、関連リンク「富山県電子申請サービス」をご利用ください。
なお、簡易な施設で許可を取得できる場合があります。詳しくは、関連リンク「イベントで食品を取扱う皆さんへ」を参照してください。

食品営業許可の新規申請

営業開始予定日の1か月前までに手続きをしてください。

必要なもの

  • 営業許可申請書
  • 手数料(富山県収入証紙で納付してください。金額は関連ファイル「手数料」を参照してください。)
  • 営業所(調理室等)の構造を記載した図面(様式は厚生センターにあります)
  • 営業所の周囲100メートル以内の見取図(様式は厚生センターにあります)
  • 食品衛生責任者設置届(食品衛生責任者となるには、一定の資格が必要です。詳しくは関連リンク「富山県食品衛生協会(資格取得講習会)」を参照してください。)

次の場合は確認のための書類が必要です

  • 申請者が法人の場合は、登記事項証明書を提示
  • 水道水以外の水を使用する場合は、水質検査成績書(26項目)
  • 製造業にあっては、製造品名、製造の方法等を記載した書類

食品営業許可の更新

食品営業許可の更新営業許可期限満了後、引続き営業を継続する場合は、許可更新申請が必要ですので、許可期限満了日の約1か月前までに手続きをしてください。

必要なもの

  • 営業許可申請書
  • 手数料(上に同じ。)

次の場合は確認のための書類が必要です

  • 水道水以外の水を使用する場合は、水質検査成績書(26項目)

営業許可申請書に基づき、厚生センターの食品衛生監視員が、新規営業開始前又は許可期限満了日前に施設確認に伺います。

2 臨時食品衛生関係営業の手続きについて

イベント、催事等において、簡易な施設を設け食品を提供する場合、届出が必要です。
なお、取扱える品目は、定められた食品(簡易な加工・調理で加熱する食品のみ)に限られていますので、詳細は厚生センターに直接お問い合わせ下さい。
届出用紙は、関連ファイル「臨時食品取扱施設開設届」をご利用ください。

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:厚生部高岡厚生センター 

〒933-8523 高岡市赤祖父211 高岡総合庁舎別館

電話番号:0766-26-8413(医務総務班)

ファックス番号:0766-26-8464

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?