更新日:2021年3月18日

ここから本文です。

大長谷第四発電所

大長谷第四発電所の外観写真岐阜県に近い神通川水系最上流の発電所として昭和63年に完成した水路式の発電所で、企業局唯一の横軸ペルトン水車を擁しています。
工事費削減のため、メカニカルジョイントで水圧鉄管を接続し、余水路を省略しています。また、デフレクター及びニードル弁を電動化しています。

大長谷第四発電所の諸元
発電所名   大長谷第四発電所
位置   富山市八尾町切詰字水上谷
取水ダム   (取水堰)
発電型式   水路式
発電力 最大(kW) 2,600
発電力 常時(kW) 380
使用水量(立方メートル/s)   2
有効落差(m)   164.7
水車   横軸ペルトン型
2,770kW 1台
発電機   三相同期回転界磁型
2,800kVA
6,600V 1台
可能発電電力量(MWh)   8,687
運転開始年月   昭和63年11月

お問い合わせ

所属課室:企業局電気課 

〒930-0094 富山市安住町2-14 北日本スクエア北館9階

電話番号:076-444-2146

ファックス番号:076-444-2155

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?