トップページ > 県政の情報 > 組織・行財政 > 組織別案内 > 厚生部 > 医務課 > 医療法人の事業報告書等の届出事務の電子化について

更新日:2022年9月15日

ここから本文です。

医療法人の事業報告書等の届出事務の電子化について

 医療法人の事業報告書等につきましては、医療法第52条第1項の規定により毎会計年度終了後3月以内に都道府県知事に届け出なければならないこととされています。

 この事業報告書等について、「経済財政運営と改革の基本方針2021」及び「デジタル社会の実現に向けた重点計画」(令和3年6月18日閣議決定)の方針を踏まえ、電子化を進めることとされています。その一環として令和4年度から「医療機関等情報支援システム(以下「G-MIS」という。)」を利用した電子媒体での届出が可能となりました。

※令和4年度以降もこれまでの紙媒体での届出は可能です。

G-MISを利用するには

 医療法人がG-MISを利用するためには、事前に必要な情報を厚生労働省へ提供し、厚生労働省からG-MISの利用に必要なIDとパスワードを受け取る必要があります。以下の回答様式をダウンロードいただき、下記担当までメールで提出してください。オンラインによる届出を希望された医療法人に対して厚生労働省から別途郵送により通知されます。(発行には1~2か月ほどかかります。)

回答様式:回答様式 (エクセル:71KB)

提出先:富山県厚生部医務課医療政策班 医療法人担当

メールアドレス:aimu@pref.toyama.lg.jp

G-MISによる届出方法

 【リンク】 G-MIS  ログイン(外部サイトへリンク)

  1. G-MISによる届出を行う際は、【リンク】から上記で受け取ったID、パスワードでログインしてください。
  2. 届出様式については、G-MIS内からダウンロードし、データ入力したものをアップロードすることで届出が完了します。
  3. 届出の際には、鏡文として県様式第31号医療法人決算届(ZIP:100KB)もアップロードしてください。(提出画面下部の【通信欄】で行ってください。)
  4. 各様式の医療法人番号欄に、G-MISに表示されている医療法人番号を記載してください。
  5. 届出内容に修正が必要な場合、G-MISを通じて差戻し致します。登録された担当者当てに通知メールが届きましたら、修正を行ってください。 
  6. G-MISによる届出後、保健所に対して連絡したり、紙に印刷した副本を別途提出したりする必要はありません。

 

 【G-MIS操作マニュアル】

 医療法人用G-MIS操作マニュアル (PDF:2,961KB)

 鏡文の様式等をアップロードする場合↓

 医療法人用G-MIS操作マニュアル(追加) (PDF:558KB)
 

 ※操作に関する問い合わせ先

 厚生労働省G-MIS事務局 TEL:0570-783-872(土日祝日を除く平日9時~17時)

関連ファイル

【関係する厚生労働省からの通知】

R4.3.31「医療法施行規則の一部を改正する省令」の公布等について (PDF:100KB)

R4.3.31「医療法人における事業報告書等の様式について」の一部改正について (PDF:71KB)

R4.1.13医療法人の事業報告書等の届出事務の電子化にかかる調査(依頼)について (PDF:155KB)

 

【事業報告書等の届出事務の電子化に係るFAQ】

事業報告書等の届出事務の電子化に係るFAQ (R4.6.20更新)(PDF:150KB)

お問い合わせ

所属課室:厚生部医務課医療政策班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3219

ファックス番号:076-444-3495

関連情報

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?