更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

農業機械情報

1.農作業安全

農業就業人口に占める死亡事故の割合は増加傾向にあり、特に80歳以上の割合が4割以上を占めています。

主に乗用型トラクター、刈払機(草刈機)、コンバイン、歩行型トラクター(耕うん機)作業中に発生しており、大型機械はもちろん、小型機械でも、その特性や使用上のポイントに注意しないと、大きな事故につながります。

このため、県では関係機関の協力を得て、農作業事故の発生が多くなる春作業と秋作業の時期に、農作業安全運動を実施しています。富山県適正農業規範に基づく、適正な農業生産活動の実践(とやまGAP)の一環としても、無理のない作業計画と安全第一の徹底により農作業事故ゼロを目指しましょう。

また、(公社)富山県農林水産公社等が主催する農作業安全に関する研修もありますので、積極的に参加してください。

8月20日~10月20日の期間で「秋の農作業安全運動」を実施します。
詳しくは関連ファイルの「実施要領」や「チラシ」をご覧ください。

2.農業機械・施設に関する技能者養成研修

農作業事故を防止するとともに、高性能農業機械・施設を効率よく利用するため、初心者から担い手農業者及び営農組織のオペレーター等を対象とした機械利用に関する知識、技能修得の研修を実施しています。

詳しくは関連リンクの「(公社)富山県農林水産公社での農業機械研修案内」をご参照下さい。

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農業技術課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル10階

電話番号:076-444-3276

ファックス番号:076-444-4409

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?