更新日:2021年6月15日

ここから本文です。

室内飼育の環境安全チェック

犬やねこを室内で飼育している家庭も多いのではないでしょうか。

好奇心旺盛で何でもくわえたりする犬や、ジャンプして高い場所に行くことができるねこは、室内の何気ない場所や物で、ケガをしたり命を落としたりすることがあります。

飼い主さんはどんなところにどんな危険が潜んでいるかを知り、犬やねこが安全に暮らしていけるように心がけてあげましょう。

イラストの中に、危険ポイントをいくつか紹介しています。

危険ポイントイラスト

鉢植え

ポインセチア、スズラン、アイビー、アジサイ、アロエなどは、犬やねこが食べると中毒を起こす危険があります。
落ちた花びらや果実・葉にも注意し、気が付いたら片付けましょう。

ゴミ箱

ティッシュペーパーや小さなゴミをオモチャにしたり、誤って飲み込んでしまう危険があります。
また、魚の骨や鳥の骨、爪楊枝など先がとがったものを飲み込むと、喉に刺さったりすることがあるので注意しましょう。
ゴミ箱にはフタをするなどの工夫で防止しましょう。

薬・サプリメント

人間用に処方された薬は、犬やねこには毒物になることがあります。
興味本位で舐めたり、誤って飲み込んでしまわないように、保管場所には十分注意しましょう。
犬やねこに与える薬は、必ず専用に処方された薬にしましょう。

窓・ベランダ

窓の少しの隙間でも、ねこは外に出てしまうことがあります。
高所からの落下は、骨折や内臓破裂などの大怪我となる危険がありますので、誤って落ちてしまうような所はないか定期的に点検しましょう。
特にねこの場合、手すりに飛びのって足を滑らしたり、小鳥や虫を追いかけているうちに落下する事故も起きています。

暖房器具

ねこだけでなく、室内の暖かい所が大好きな犬も多くなっているようです。
冬の季節、ファンヒーターでシッポの毛が焦げたり、電気カーペットの上に長時間寝そべっていて、低温やけどになる事故がありますので注意しましょう。

タバコ

タバコの煙は、人だけでなく犬やねこの健康にも悪影響を与える危険があります。
また、犬やねこは嗅覚が鋭く、タバコの煙や匂いがストレスとなることも考えられます。
犬やねこがいる部屋での喫煙を避け、喫煙の際は十分な換気を行いましょう。
保管場所にも注意し誤飲などしないようにしましょう。

電気コード

電気のコンセントやコードは、感電の危険があります。
コンセント部分に近づいたり、コードをかじっていたらやめさせましょう。
必要に応じて、コンセントやコードにカバーを付けるなどの対策をとりましょう。

風呂場

風呂場の戸が開けっ放しになっていると、お湯が入っているバスタブに落ちて溺れる危険や、シャンプーや石鹸を舐めてしまう危険があります。
犬やねこが自由に風呂場に行けないよう心がけ、シャンプーなどもなるべく高い場所に置くようにしましょう。

玄関・ドア

人の出入りの際やちょっとした隙間があると、そこから外に出てしまい、行方不明になったり交通事故にあったりする危険があります。
犬やねこが飛び出さないように、玄関やドアの開け閉めには十分注意しましょう。

最後に

室内飼育に限らず、屋外飼育でも飼い主さんが思いもよらない物やスペースが、犬やねこにとっては危険になることもあります。

定期的に犬やねこの身の回りの安全チェックを行ってください!

もくじに戻る

お問い合わせ

所属課室:厚生部生活衛生課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3230

ファックス番号:076-444-3497

所属課室:厚生部生活衛生課動物管理センター

〒930-0275 中新川郡立山町利田 

電話番号:076-462-3467

ファックス番号:076-462-3494

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?