トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 健康 > ヒートショックを予防しましょう!

更新日:2021年9月24日

ここから本文です。

ヒートショックを予防しましょう!

 入浴は、身体の清潔、疲労回復、リラックス効果など、心身の健康につながる大切な生活習慣です。しかし、寒い時期はヒートショック(血圧の急変動)を主な原因とした、入浴中の事故が発生しやすくなります。

 富山県では、入浴中の事故による死亡者(浴室内での溺死)が、交通事故による死亡者よりも多く、年間約100人の方が亡くなっています。

 ヒートショックを予防し、入浴を楽しみましょう!

 

●富山県内における浴槽内での溺死及び溺水による死亡者数の推移

ヒートショックグラフ(R2)

 平成23年以降、浴槽内の溺死により年間100人以上の方が亡くなっており、このうち約9割は高齢者です。

 また、死亡者は寒くなる冬に多くなることがわかっています。

 

●ヒートショックについて

入浴中の身体の変化

 入浴時には、図のような血圧の急変動(ヒートショック)が起こり、意識障害や不整脈等を起こすことで、浴室での転倒や浴槽での溺死につながっていると考えられています

 また、ヒートショックが脳血管疾患や心疾患の引き金となっている可能性もあります。

 入浴方法を見直し、ヒートショックを予防しましょう。

 

●ヒートショックを防ぐ8つのポイント

8つのポイント

関連ファイル

 ヒートショック予防ポスター(PDF:511KB)

 ヒートショック予防チラシ(PDF:1,102KB)

 

関連ページ

 とやま健康ラボ(ヒートショックを予防しよう)(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3222

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?