トップページ > 防災・安全 > 防災・消防・国民保護 > 防災・災害支援 > 「富山県令和5年6・7月豪雨災害義援金」の配分について

更新日:2024年2月16日

ここから本文です。

「富山県令和5年6・7月豪雨災害義援金」の配分について

令和5年6・7月豪雨災害に際しまして、県内外の方々から寄せられた義援金を公平に配分するため、富山県地域防災計画に基づき、「富山県令和5年6・7月豪雨災害義援金配分委員会」を設置しました。

義援金の配分について

令和5年11月24日(金曜日)に第一次義援金配分委員会を開催し、次のとおり第一次配分計画を決定しました。

第一次配分計画の概要

1 義援金総額

25,059,873円(令和5年11月22日時点)

2 配分対象

令和5年6月28日及び7月12日からの豪雨により、以下の被害を受けられた方

人的被害:死亡

住家被害:中規模半壊、半壊、準半壊、一部損壊(床上浸水)、一部損壊(床下浸水・浸水以外)

3 配分の考え方

(1)義援金総額を勘案し、被害の程度に応じて配分単価を決定(今後被害件数が増加した場合に備え、一定額を配分残額として留保)。

(2)配分残額、配分後に寄せられた義援金は第二次義援金配分委員会を経て追加配分し、追加配分後に残額が生じた場合は、富山県ボランティア基金に積み立てる

4 配分基準・配分額

区分 

豪雨被害(A)

義援金単価(B)  配分額(A×B)
死亡 1人 300千円 300千円
中規模半壊 1世帯 600千円 600千円
半壊 18世帯 300千円 5,400千円
準半壊 14世帯 120千円 1,680千円
一部損壊(床上浸水)  53世帯 50千円 2,650千円
一部損壊(床下浸水・浸水以外)  746世帯 10千円 7,460千円
事務費     797千円
  1人・832世帯 18,887千円
配分残額     6,173千円

 

 

 

 

 

5 被災8市町別の配分額

富山市 住家被害 床上浸水27、床下浸水445 5,800千円
高岡市 住家被害 中規模半壊1、半壊17、準半壊14、床上浸水14、床下浸水164 9,720千円
砺波市 住家被害 床上浸水3、床下浸水13 280千円
小矢部市 住家被害 床上浸水2、床下浸水42 520千円
南砺市 人的被害 死亡1 970千円
住家被害 半壊1、床上浸水5、床下浸水12
射水市 住家被害 床下浸水50 500千円
上市町 住家被害

床下浸水1

10千円
立山町 住家被害 床上浸水2、床下浸水19 290千円

6 配分の時期

被災市町を通じ、被災世帯に12月から支給

お問い合わせ

所属課室:厚生部厚生企画課管理係

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3196

ファックス番号:076-444-3491

関連情報

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?