トップページ > 防災・安全 > 防災・消防・国民保護 > ハザードマップ、火山防災マップについて

更新日:2021年8月16日

ここから本文です。

ハザードマップ、火山防災マップについて

弥陀ヶ原火山ハザードマップ

平成30年8月に公開された、弥陀ヶ原火山で想定される火山現象(大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流など)ごとにその影響が及ぶおそれのある範囲を地図上に示したものです。

過去1万年以内に発生した噴火(弥陀ヶ原は、繰り返し水蒸気噴火が発生)や他火山での事例を参考に、「小規模噴火」と「大規模噴火」にわけて噴火による影響範囲を示しています。

噴火によって発生する現象は様々であり、実際の噴火ではこの図と異なる場合もあるため、注意が必要です。

 

弥陀ヶ原火山防災マップ

以下のリンクから、弥陀ヶ原火山における噴火警戒レベル等の警戒範囲や避難の情報を示した登山客用の「弥陀ヶ原火山防災マップ」にアクセスできます。(立山町作成)

 

弥陀ヶ原火山防災マップリンク(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

所属課室:危機管理局防災・危機管理課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-9670

ファックス番号:076-444-3489

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?