トップページ > 防災・安全 > 防災・消防・国民保護 > 弥陀ヶ原の噴火警戒レベル

更新日:2022年4月15日

ここから本文です。

弥陀ヶ原の噴火警戒レベル

噴火警戒レベルは、火山活動の状況に応じて「警戒が必要な範囲」と防災機関や住民等の「とるべき防災対応」を5段階に区分して発表する指標です。

各レベルには、火山の周辺住民、観光客、登山者等のとるべき防災行動が一目で分かるキーワードを設定しています(レベル5は「避難」、レベル4は「高齢者等避難」、レベル3は「入山規制」、レベル2は「火口周辺規制」、レベル1は「活火山であることに留意」)。

弥陀ヶ原火山では、令和元年5月30日から噴火警戒レベルの運用が開始されており、気象庁が「警戒が必要な範囲」を明示し、噴火警戒レベルを付して、地元の避難計画と一体的に噴火警報・予報を発表します。

関連リンク一覧

弥陀ヶ原の活動状況(気象庁HP)(外部サイトへリンク)

関連ファイル

弥陀ヶ原の噴火警戒レベル(リーフレット)(PDF:1,499KB)

お問い合わせ

所属課室:危機管理局防災・危機管理課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-9670

ファックス番号:076-444-3489

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?