トップページ > 防災・安全 > 防犯・捜査 > 犯罪被害者等支援 > 犯罪被害者等の置かれる状況

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

犯罪被害者等の置かれる状況

犯罪に遭うと、生命を奪われる、身体を傷つけられる、財産を奪われるといった直接的な被害を受けますが、事件後においても、様々な困難な状況に直面します。

心身の不調

精神的なショックや、眠れない、食欲がないといった症状が出てくることがあります。

生活上の問題

生計維持者の就業が困難になったり、医療費の発生などにより、経済的な困窮にみまわれることがあります。

周囲の人の言動による傷つき

誤解に基づく周囲からの中傷や、無責任なうわさにより、ストレスや不快感を覚えることがあります。

加害者からの更なる被害

加害者からの報復に対する不安や、不誠実な言動に苦しめられることがあります。

捜査、裁判に伴う様々な負担

捜査への協力や裁判での証言など、時間的、精神的な負担を強いられることがあります。

関連リンク一覧

犯罪被害者のメンタルヘルス情報ページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部県民生活課くらし安全班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館3階

電話番号:076-444-3129

ファックス番号:076-444-3477

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?