更新日:2022年10月7日

ここから本文です。

傷ついた野生鳥獣を見つけたら

野生鳥獣は、自然の中で生活しているため、他の動物に襲われるなど、様々な原因でケガをします。その全てを人間が救護し、自然に戻すことは困難である上に、自然界のルールにも反します。傷ついた野生鳥獣を見つけた場合は、原則そのままにして見守ってあげてください。

高病原性鳥インフルエンザ対応レベル引き上げに伴う傷病野鳥の受け入れの停止について

令和4年10月7日に高病原性鳥インフルエンザの対応レベルが引き上げられました。これに伴い、感染拡大防止のため、鳥獣保護センターでの傷病野鳥の受け入れを現在一時停止しています。

傷ついた野鳥を見つけた場合は、原則そのままにして見守ってあげてください。

※獣類の受け入れは通常通り可能です。

獣類の受け入れについて

ケガをした野生獣類の全てを救護することはできませんが、自動車にはねられるなど、人間の活動が原因となってケガをしたものは、救護することが適当と考えられます。
そのような場合には、鳥獣保護センターで救護しますが、搬送については発見者の方にご協力をお願いしています。

どうしても運搬できない場合などは次の機関にご連絡ください。

  • 各市町村の鳥獣行政担当課
  • 県庁自然保護課
  • 県農林振興センター企画振興課

なお、下記の動物は、人間の活動が原因となってケガをした場合でも、原則、鳥獣保護センターでの救護の対象にはなりません。

  1. 鳥類
  2. ペットなど、人間に飼われていた動物
  3. 二ホンジカ、イノシシ、ニホンザル、ハクビシンなど、農林水産業被害や生活環境被害を与えるおそれのある動物
  4. 外来生物法上、「特定外来生物」に指定されている動物(アライグマなど)
野生鳥獣保護に関する窓口一覧
名称 電話
県自然保護課 076-444-3397
新川農林振興センター 0765-22-9136
富山農林振興センター 076-444-4475
高岡農林振興センター 0766-26-8448
砺波農林振興センター 0763-32-8130

関連リンク一覧

野鳥のヒナを拾わないでください

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部自然保護課野生生物係

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング6階

電話番号:076-444-3397

ファックス番号:076-444-4430

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?