トップページ > くらし・健康・教育 > 生活・税金 > 食生活・食の安全 > とやま「エコ・クッキング」 > 「エコ・クッキング」のモデル導入結果及びエコ・クッキングガイドブック[事業所編]

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

「エコ・クッキング」のモデル導入結果及びエコ・クッキングガイドブック[事業所編]

県では、環境にやさしい「買い物」「調理」「片付け」をする「エコ・クッキング」の普及・拡大に取り組んでいます。

このたび、この趣旨に賛同していただいた県内の3つの事業所に「エコ・クッキング」をモデル的に導入し、「エコ・クッキング」に関する知見・ノウハウの収集と、ごみやエネルギーの削減効果の検証等を行い、結果を取りまとめましたのでお知らせします。

皆さんの事業所でも「エコ・クッキング」をはじめてみませんか?

※ 詳細は、「関連ファイル」を参照ください。

とやまエコ・クッキングガイドブック[事業所編]~モデル導入事例の結果から~

ガイドブックの表紙

1 《事例1》飲食店

(1) 事業所概要

飲食店「匠家」(高岡市片原町16-3)

(2) 主な取組み内容

  • 食べ残しの削減
    顧客に提供する前に好みや適量を確認し、食べ残しを食前に減らした。
  • 水資源の有効活用及び水環境の保全
    食材はため水で洗う、洗い物の大きな汚れは先にスクレーパーで落としてから洗うなど、水の使用量及び汚水の削減に努めた。
  • ガス使用量の削減
    食材によっては、調理方法を「茹でる」から「蒸す」に変更する、調理器具を熱伝導率の良い薄手のアルミ鍋を活用するなど、ガス使用量の削減に努めた。

(3) 取組結果

  • 食べ残しの量:59%削減
  • 水の使用量:30%削減
  • ガスの使用量:23%削減

2 《事例2》弁当の製造販売業

(1) 事業所概要

弁当の製造販売業「(株)フードシステム」(富山市新庄北町11-26)

(2) 主な取組み内容

  • 生ごみの削減
    弁当のおかずの盛り付けの割合を調整するなどにより、生ごみの排出量を削減した。
  • エネルギー使用量の削減
    メニューの統一化を図り、一括調理することで、調理に必要なエネルギー使用量を削減した。
  • 地産地消の推進
    規格外の県産野菜を活用するなど、地産地消に努め、流通に係る環境負荷を低減した。

(3) 取組結果

  • 生ごみの排出量:7%削減
  • 電気の使用量:6%削減
  • ガスの使用量:2%削減

3 《事例3》小売店(スーパーマーケット)

(1) 事業所概要

小売店「株式会社オレンジマート」(富山市婦中町速星1070-1)

(2) 主な取組み内容

  • エコ・クッキングの発信
    来店者に対し、ポスター、リーフレット等を設置・配布するとともに、消費者参加型のイベント開催を通じ、エコ・クッキングの周知を図った。

(3) 取組結果

  • エコ・クッキングの知名度:2倍に向上
  • エコ・クッキングの内容の理解度:4倍に向上

関連ファイル

とやまエコ・クッキングガイドブック[事業所編]~モデル導入事例の結果から~(PDF:1,236KB)

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部環境政策課 

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング8階(駐車場:富山市新桜町9-17)

電話番号:076-444-3141(廃棄物に関すること 076-444-9618)

ファックス番号:076-444-3480

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?