トップページ > くらし・健康・教育 > 環境・自然 > 環境 > 富山県中小企業脱炭素社会推進資金環境施設整備枠融資制度

更新日:2021年6月4日

ここから本文です。

富山県中小企業脱炭素社会推進資金環境施設整備枠融資制度

はじめに

この資金の利用にあたっては、事前に、整備しようとする施設等が融資要件を満たしているか環境政策課に確認してください。

また、着工前に融資決定を受ける必要がありますので、ご注意ください。

融資対象者

次の条件を満たすことが必要です。

  • 県内に工場又は事業場を有し、事業を営んでいる者。
  • 以下の中小企業者に該当する者(中小企業信用保険法第2条第1項各号)
融資対象者(中小企業者)
業種 資本金(出資の総額) 常時使用する従業員数
小売業 5,000万円以下 50人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
その他 3億円以下 300人以下

*資本金又は従業員数のいずれかが該当すればよい。

  • 県税を完納している者

融資対象

次のいずれかに該当する資金です。

  • 公害の防止のために必要な施設(産業廃棄物の処理施設を含む。)の整備に要する資金
  • 公害の防止のために必要な工場等の移転等に要する資金
  • 工場の防止のために必要な工場に隣接する民家等の買収に要する資金
  • 公害の防止又は工場等の周辺の景観保持のために必要な緑地、囲障等の設置に要する資金
  • 低公害車の購入に要する資金
  • 土砂運搬用トラックの洗車施設の設置及び路面清掃車の購入に要する資金
  • オゾン層を破壊する物質の排出の抑制及び使用の合理化のために必要な施設の整備等に要する資金
  • 廃棄物の資源化及び再生利用のために必要な施設の整備に要する資金
  • 地下水の保全及び水の循環的利用のために必要な施設の整備に要する資金
  • とやま温暖化ストップ計画(平成27年3月)の趣旨に沿って、温室効果ガスの排出の抑制のために必要な別に定める施設等の整備に要する資金
  • その他環境の保全及び創造のため、知事が特に必要と認める事業に要する資金

※温室効果ガスの排出の抑制のために必要な別に定める施設等の一覧

温室効果ガスの排出抑制のため別に定める施設等の一覧
項目 対象施設等
省エネルギー機器の導入 高性能ボイラー、高性能工業炉、低燃費型建設機械、業務用省エネ型冷蔵・冷凍機、その他上記施設と同等の省エネルギー効果がある施設
建物の省エネルギー化に資する施設等 ビル屋上等を利用した緑化等の整備、業務用ヒートポンプの導入、コージェネレーション施設(熱電供給施設)
ビルエネルギー管理システムの導入 ビルエネルギー管理システムの導入
新エネルギーを利用する施設 太陽熱利用施設、廃棄物の焼却熱利用施設、バイオマス熱利用施設

融資条件

1.融資限度

種別 融資限度額
個別(中小企業者) 1件あたり3,000万円以内
団体(中小企業者の団体) 1件あたり5,000万円以内

2.貸付利率

年1.15%以内または年1.65%以内
(融資対象により異なります)
*市場金利の動向等により、変更になる場合があります。

3.償還期限

  • 個別:7年以内(うち据置期間1年以内)
  • 団体:10年以内(うち措置期間1年以内)

4.償還方法

原則として元金均等月賦償還

5.歩積両建

この要綱による融資に対しては、金融機関は歩積、両建預金を求めないものとします。

6.担保及び保証人

取扱金融機関の定めるところによる。

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部環境政策課 

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング8階(駐車場:富山市新桜町9-17)

電話番号:076-444-3141(廃棄物に関すること 076-444-9618)

ファックス番号:076-444-3480

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?