更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

コイヘルペスウイルス病のまん延防止対策のポイント

1 コイの放流に関して

川や湖などの公共用水面にコイを放流する際には、必ずPCR検査によりコイヘルペスウイルス(KHV)の陰性が証明されているコイを放流すること。
(※検査は(社)日本水産資源保護協会で実施しています。(関連リンク参照))
また、放流用コイが天然で採捕されたものでないことやKHV病発生水域由来でないことを確認すること。

2 コイの採捕に関して

川や湖などの公共用水面で採捕したコイは、絶対に他の場所で放さないこと(釣ったコイをその場でリリースするのは構いません)。

3 コイの飼育に関して

飼っているコイや死んでしまったコイは、絶対に川や湖などの公共用水面に放したり、捨てたりしないこと。

*イラストは(社)日本水産資源保護協会のリーフレットより転写

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:農林水産部水産漁港課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3292

ファックス番号:076-444-4412

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?