トップページ > 木造公共建築物に関する実態調査報告書

更新日:2021年4月23日

ここから本文です。

木造公共建築物に関する実態調査報告書

県では、平成28年9月に「富山県県産材利用促進条例」を制定、平成29年10月には、この条例に基づく「県産材の利用促進に関する基本計画」を策定し、県民生活に深く関わりのある公共建築物の木造化・内装木質化の推進に取り組んでます。

本報告書は木造公共建築物整備の参考資料として、県内の木造公共建築物の実態、他の構造とのコスト比較、及び長寿命化のための維持管理の考え方を整理提示したものです。

行政資料としてはもちろんのこと、関係の皆様に広くご利用いただき業務の参考としてお役に立てていただければ幸いです。

表紙

掲載内容

第1章 木造公共建築物の実態調査

第2章 公共建築物の構造別コスト比較

第3章 モデルプランによるコスト比較

第4章 ライフサイクルコストに関する考察

※関連ファイルからダウンロードできます。

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林政策課 

〒930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル4階

電話番号:076-444-3384

ファックス番号:076-444-4428

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?