更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

洪水調節の実績

ダムが行った洪水調節

平成25年8月23日の洪水調節を示した図

平成25年8月23日朝から24日明け方にかけて、暖かく湿った空気の流入により大気の状態が非常に不安定となり、県内では大雨となりました。
この大雨により、県内の一部の地域で床上・床下等の浸水害が発生し、ダム地点で累計235mmとなる豪雨となりました。
ダムでは建設後過去3番目となる最大流入量116.84立方メートル/s、過去2番目となる最大貯水位104.04mを観測しましたが、ダムにおいて、一時的に水を貯めたため、下流には7.54立方メートル/sのみの放流となりました。

ダムがなかった場合の状況

平成25年8月23日に洪水調節をしなかった場合の予想図

写真は午後13時40分ごろに撮影した宮島橋の水位の状況です。もしも上流にダムがなく、洪水調節を行うことができなければ、水位が1.2m程度上昇しており、下流に甚大な被害が発生する可能性がありました。

お問い合わせ

所属課室:土木部子撫川統合ダム管理事務所 

〒932-0025 小矢部市宮中字新村15 

電話番号:0766-67-3107

ファックス番号:0766-67-1720

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?