トップページ > 県土づくり > 森林・河川 > 河川・ダム > 「日本海地震・津波調査プロジェクト」の研究成果の活用について

更新日:2021年3月18日

ここから本文です。

「日本海地震・津波調査プロジェクト」の研究成果の活用について

本県の津波災害警戒区域の指定(平成30年3月19日)は、波防災地域づくりに関する法律に基づく津波浸水想定(対象断層:「日本海における大規模地震に関する調査検討会」が公表した糸魚川沖(F41)及び富山湾西側(F45)の断層並びに平成24年3月に富山県が公表した「富山県津波シミュレーション調査」の対象断層のうち、呉羽山断層帯)を踏まえた範囲としています。

一方、東京大学地震研究所が公表した「日本海地震・津波調査プロジェクト」の研究成果については、今後、さらに国の地震調査研究推進本部において、地震の規模や発生確率等の長期評価が検討されますが、防災上の観点から、長期評価の公表を待つことなく、参考として、これらの断層に基づく津波浸水想定の基準水位も調査しました。

これらのデータは、下記の関連ファイルをご覧ください。

なお、「日本海地震・津波調査プロジェクト」を含むものは、法律に基づく津波災害警戒区域ではありませんのでご注意ください。

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:土木部河川課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3324

ファックス番号:076-444-4417

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?