更新日:2023年3月22日

ここから本文です。

建設現場の遠隔臨場に関する試行について

富山県では土木部が発注する工事において遠隔臨場を実施するにあたり、本要領を定め、令和2年8月から試行しています。

NEW試行要領を改定(R5.4)しました。詳細は関連ファイルを参照ください。

遠隔臨場とは

「遠隔臨場」とは、発注者と受注者が会することなく、モバイル端末(ウェアラブルカメラ、スマートフォン、タブレット等)により撮影した映像と音声をインターネット経由で配信するなど、双方向の通信技術を活用し、工事における通常の打合せのほか、土木工事共通仕様書に定める「段階確認」「材料確認」「立会」及び監督要領に定める「中間検査」(以下、段階確認等という。)を行うことです。

期待される効果

「遠隔臨場」の実施により、以下を目的とする。
(1)受発注者の移動時間の削減や、工事の手待ち時間の削減等による生産性の向上
(2)受発注者間における段階確認等の日程調整の円滑化

関連ファイル

NEW建設現場の遠隔臨場に関する試行要領(R5.4)(PDF:279KB)

建設現場の遠隔臨場に関する試行要領(R4.4)(PDF:113KB)

建設現場の遠隔臨場に関する試行要領(R2.8)(PDF:134KB)

 

 

お問い合わせ

所属課室:土木部建設技術企画課技術指導係

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 防災危機管理センター7階

電話番号:076-444-3298

ファックス番号:076-442-7954

関連情報

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?