トップページ > 防災・安全 > 防災・消防・国民保護 > 地震 > 被災建築物応急危険度判定について > 被災建築物応急危険度判定現場研修会について

更新日:2021年11月1日

ここから本文です。

被災建築物応急危険度判定現場研修会について

本県で大きな地震災害が発生した場合に備え、被災建築物応急危険度判定士を対象に、実際の建築物を想定した応急危険度判定の現場研修会を毎年開催しています。

実地に即した現場研修は、有事の際の適切な対応のために欠かすことのできないものであり、多くの方に参加していただきたいと考えております。

なお、この研修会は公益社団法人富山県建築士会に委託して実施しております。

令和3年度被災建築物応急危険度判定現場研修会

令和3年10月25日(月曜日)に「令和3年度被災建築物応急危険度判定現場研修会」を開催しました。

令和3年度被災建築物応急危険度判定現場研修会開催案内(PDF:176KB)

次回の被災建築物応急危険度判定現場研修会は令和4年度に開催予定です。

お問い合わせ

所属課室:土木部建築住宅課建築指導係

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館4階

電話番号:076-444-3356

ファックス番号:076-444-4423

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?