更新日:2021年8月5日

ここから本文です。

応急危険度判定士の認定等の手続きについて

富山県被災建築物応急危険度判定士の資格要件

富山県で応急危険度判定士になるためには、以下の要件を満たす必要があります。

  • (1)建築士法に規定する建築士であること。
  • (2)富山県内に在住又は勤務している者であること。
  • (3)富山県知事が実施する応急危険度判定講習を修了した者、又は他の都道府県で判定士の認定を受けている者であること。

応急危険度判定講習については、次のページをご覧ください。

応急危険度判定講習について

応急危険度判定士の認定申請について(新規)

新たに応急危険度判定士になるには、応急危険度判定講習を受講し、富山県知事の認定を受けなければなりません。
認定の申請をする場合は、次の書類を建築住宅課に提出してください(郵送可)。

  • (1)富山県被災建築物応急危険度判定士認定申請書(様式第1号)
  • (2)建築士の免許証又は免許証明書の写し
  • (3)富山県に在住又は勤務していることを証する書類(運転免許証の写し等)
  • (4)富山県被災建築物応急危険度判定講習会の受講修了証の写し
  • (5)写真2枚(縦3.5cm×横2.5cm、6箇月以内撮影、無帽正面、上半身、無背景、カラーのもの。裏面に氏名と撮影年月日を記入し、2枚のうち1枚は申請書に貼付してください。)

※他の都道府県等で判定士の認定をすでに受けられている方の申請手続きについては別途お問い合わせください。

応急危険度判定士の認定更新について

富山県で応急危険度判定士となられた方は、5年ごとに更新を行う必要があります。有効期限は判定士の認定証に記載されています。
更新の申請をする場合は、次の書類を建築住宅課に提出してください(郵送可)。

  • (1)富山県被災建築物応急危険度判定士認定更新申請書(様式第5号)
  • (2)富山県に在住又は勤務していることを証する書類(運転免許証の写し等)
  • (3)写真2枚(縦3.5cm×横2.5cm、6箇月以内撮影、無帽正面、上半身、無背景、カラーのもの。裏面に氏名と撮影年月日を記入し、2枚のうち1枚は申請書に貼付してください。)

※(2)は、前回申請時から変更がなければ添付不要です。
※更新の時期になりますと、認定更新についての案内と応急危険度判定講習の案内が届きます。講習を改めて受講しなくても更新できますが、更新の機会にできるだけ受講していただきますようお願いいたします。

申請事項の変更について

申請書に記載した事項に変更が生じた場合は、次の書類を建築住宅課に提出してください(郵送可)。
認定証の記載事項に変更があった場合は、認定証を再交付する必要があるので、次の(3)と(4)を必ず添付してください。

  • (1)富山県被災建築物応急危険度判定士認定申請事項変更届兼再交付申請書(様式第4号)
  • (2)富山県に在住又は勤務していることを証する書類(運転免許証の写し等)
  • (3)写真2枚(縦3.5cm×横2.5cm、6箇月以内撮影、無帽正面、上半身、無背景、カラーのもの。裏面に氏名と撮影年月日を記入し、2枚のうち1枚は申請書に貼付してください。)
  • (4)富山県被災建築物応急危険度判定士認定証

※(2)は、前回申請時から変更があった場合のみ添付してください。
※(3)と(4)は、氏名、建築士の免許、緊急連絡先その他の認定証の記載事項に変更があった場合のみ提出してください。

認定証の再交付について

汚損、紛失等により認定証の再交付が必要になった場合は、富山県被災建築物応急危険度判定士認定証再交付申請書(様式第6号)に必要書類を添付して建築住宅課に提出してください(郵送可)。

※添付が必要な書類は申請書の様式に記載されています。

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:土木部建築住宅課建築指導係

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館4階

電話番号:076-444-3356

ファックス番号:076-444-4423

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?