トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 医療 > 薬用植物指導センター > お知らせ > ボタン・シャクヤクの開花状況(令和3年5月10日)

更新日:2021年5月11日

ここから本文です。

ボタン・シャクヤクの開花状況(令和3年5月10日)

ボタン園は見頃が過ぎ、シャクヤク園では極早生品種が開花しています。

ボタン(牡丹)の開花状況(令和3年5月10日現在)

約50品種、約100株を植栽しています。

ボタン園を彩るほとんどの品種が開花を終え、晩生の黄色系品種も開花の盛期が過ぎました。

シャクヤク(芍薬)の開花状況(令和3年5月10日現在)

約230品種、約3000株を植栽しています。

極早生品種の開花がはじまりました。
来週には早生品種(約50品種)も順次開花していくと予想されます。

  • 開花の予想は、気象によって変化します。
  • 本年度は圃場管理の関係で、開花するシャクヤクは例年に比べて少なめとなっています。

シャクヤク園の様子

20210501_S1

シャクヤク園(令和3年5月10日)

 

20210501_S2

ポーラフェイ

20210501_S3

クレオパトラ

 

 

お問い合わせ

所属課室:厚生部薬事総合研究開発センター薬用植物指導センター

〒930-0412 中新川郡上市町広野2732 

電話番号:076-472-0801

ファックス番号:076-472-0353

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?