更新日:2022年5月16日

ここから本文です。

薬物依存症

薬物依存症とは

薬物依存症とは、薬物の効果が切れてくると、薬物が欲しいという強い欲求(渇望)がわいてきて、その渇望をコントロールできずに薬物を使ってしまう状態をいいます。薬物依存ともいいます。

薬物依存症からの回復

依存症になってしまった脳は元の状態に戻らないと考えられています。しかし、きちんと支援を受けて薬物を止め続ければ、多くの場合、通常の社会生活を取り戻すことが可能です。
そのためには、相談機関に通い続けたり、自助グループで薬物を使わない新しい仲間を作ることが必要です。

相談機関のご案内※相談についての秘密は守ります

  • 富山県依存症相談支援センター【TEL:076-461-3957】
    • 電話相談(随時)
    • 来所相談(予約制)
    • 本人の集団回復プログラム
    • 家族教室
  • NPO法人富山ダルクリカバリークルーズ【TEL:076-407-5777】
    • 電話相談(随時)
    • 来所相談(予約制)
    • ご本人の入所、通所、回復プログラム活動
    • 家族教室

回復プログラムのご案内

  • 薬物、アルコール依存症回復プログラム「とやま~ぷ」
    心の健康センターでは、SMARPP(せりがや病院覚醒剤再乱用防止プログラム)という認知行動療法を用いたワークブックによるグループセラピープログラムを実施しています。
    詳しくは関連ファイルをご覧ください。申込み、問合せ等は直接お電話でご連絡ください。

自助グループのご案内

  • NA(エヌエー:本人のグループ)
    • 対象者:薬物の問題でお悩みの本人
    • 連絡先:富山ダルク内セレニティグループ【TEL:076-407-5777】
    • 本人が集まり、話し合う場です
  • ナラノン(家族や友人のグループ)※休止中(2017.9現在)
    • 対象者:薬物の問題でお悩みの家族と友人
    • 連絡先:セントラルオフィス【TEL:03-5951-3571】
    • 開催場所:富山市社会福祉協議会
    • 開催日:毎月第4土曜日19時00分~
    • 家族と友人が集まり、話し分かち合う場です

家族教室のご案内※相談についての秘密は守ります

依存症家族教室

心の健康センターでは、薬物・ギャンブル等の依存の問題でお困りのご家族を対象に家族教室を開催します。依存症について正しい知識や適切な対応を学び、ご家族にできることはどんなことなのか、回復について一緒に考えてみませんか。

詳しくは関連ファイルをご覧ください。申込み、問合せ等は直接お電話でご連絡ください。

 

富山ダルクとHARP(ハープ)アディクション問題を抱える家族のための家族教室

薬物問題を抱えるご家族が、ほっと一息つける集まりです。なかなか人には言えない思いや疑問、同じ悩みを抱える家族同士でわかちあってみませんか。

当事者と家族自身の回復のためにできること、一緒に考えて、一緒に歩いていきましょう。

  • 開催日:偶数月第3木曜日、18時30分~21時00分
  • 場所:富山市社会福祉協議会(富山市今泉83-1)

現在、会場での開催は休止しております。オンラインミーティングを実施しておりますので、富山ダルクリカバリークルーズ(TEL076-407-5777)まで問合せください。詳しくは関連フォイルをご覧ください。

関連ファイル

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:厚生部心の健康センター 

〒939-8222 富山市蜷川459-1 

電話番号:076-428-1511

ファックス番号:076-428-1510

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?