トップページ > くらし・健康・教育 > 生活・税金 > 消費生活 > まつ毛エクステンションにご注意ください!

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

まつ毛エクステンションにご注意ください!

まつ毛エクステンションとは

まつ毛を長く濃く見せるために行うメイクアップ技術で、接着剤を用いて、まつ毛に類似した人工毛をまぶたから1~2mmほど離してまつ毛に装着するものです。
まつ毛1本1本に人工毛をつけるという技法が主流で、通常2~4週間で自然に人工毛が外れます。

施術をされる営業者の方へ

(1)まつ毛エクステンションは、美容師の資格と美容所の届出がなければしてはいけません

まつ毛エクステンションは美容師法に基づく美容行為ですので、美容師でなければ行うことができません。
また、管轄の厚生センター・支所(保健所)へ届出した美容所の中でしか行うことができません。

(2)まつ毛エクステに関する知識や技術の向上に努めましょう

まつ毛エクステンションを行うには、取り扱う接着剤の素材や目についてなど、さまざまな知識と高度な技術が必要です。危害の防止のため知識や技術の向上に努めましょう。

(3)サービス提供事業者としての対応の整備をお願いします

施術の前に利用者の状況に応じて施術が可能であるかを確認し、施術中の注意事項や施術後のケア、健康被害のリスクなどについて、十分に説明をお願いします。
もし施術を受けられた方が異常や違和感を訴えられた場合には、医療機関を受診することを周知してください。

施術を受けようと考えている方へ

(1)まつ毛エクステンションの施術を受ける場合は十分な注意が必要です

まつ毛エクステンションは、接着剤などの化学物質を目の近くで使うこと、異物を貼りつけること、目元で細かな長時間の作業を行うことなど、目には危険な負担を伴いますので、危険性を理解し、実施するかどうかよく考えましょう。

(2)目やその周辺に異常を感じた場合には、直ちに医療機関を受診しましょう

まつ毛エクステンションの施術を受けたことにより、目やその周辺に異常を感じた場合には、直ちに皮膚科や眼科などの医療機関を受診しましょう。その際は、まつ毛エクステンションの施術を受けたことを必ず告げて診察を受けましょう。

(3)まつ毛エクステンションの施術で危害を受けたら情報提供しましょう

まつ毛エクステンションは美容師法に基づく美容行為ですので、美容師でなければ行うことができません。
まつ毛エクステンションの施術を受けることにより危害が発生した、美容師でない人が施術をしていると思われたら、消費生活センターへ相談、または厚生センター・支所(保健所)などへ情報提供をお願いします。

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:厚生部生活衛生課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3229

ファックス番号:076-444-3497

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?