更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

結核の感染と発病

結核は「せき、たん、倦怠感、微熱」など、カゼに似た症状で始まります。病状が進んでくると、せきやくしゃみをしたときに結核菌を排出(排菌)するようになり、まわりの人がその菌を吸い込むと感染します。
通常は、体の免疫が働いて結核菌の増殖を抑えるため、結核菌に感染しても必ず発病することはありませんが、免疫が弱まると発病することがあります(感染した人が発病する確率は、5~10%と言われています)。

結核患者が発生し、まわりの人が感染するおそれがある場合には、担当する厚生センター・保健所が対象者や時期を決めて健康診断を実施しています。
もし検査などで感染が分かった場合、発病を抑えるために服薬治療を開始する場合があります。

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3222

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?