トップページ > くらし・健康・教育 > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健康づくり > 県内初の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)患者の発生について

更新日:2022年11月28日

ここから本文です。

県内初の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)患者の発生について

令和4年11月22日(火曜日)、医療機関から高岡厚生センターに、重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome)(以下「SFTS」という。)の発生届出が提出されました。富山県内でSFTS患者が発生するのは今回が初となります。

 

SFTSは、主にSFTSウイルスを保有するマダニに咬まれることで感染します。マダニの活動が盛んな春から秋にかけては、マダニに咬まれる危険性が高まるため、特に注意が必要です。

 

なお、国内ではSFTSの人から人への感染は報告されていません。

  • マダニは、食品や衣類などに発生するダニとは全く種類が異なります。

1.患者の概要

(1)患者 60歳代女性(高岡厚生センター管内在住)

(2)主な症状 発熱、頭痛、発疹、消化器症状、血小板減少、白血球減少、リンパ節腫脹 等

(3)現在の状況 現在、軽快している

(4)推定感染経路 マダニによる刺咬

(5)経過

11月9日(水曜日) 悪寒、発熱、食欲不振、倦怠感
11月12日(土曜日) 医療機関を受診
11月22日(火曜日) 富山県衛生研究所による検査の結果、SFTSウイルス陽性と判明

  

2.SFTSについて

(1)病原体及び症状等

  • フェヌイウイルス科バンダウイルス属のSFTSウイルスによる感染症で、主にSFTSウイルスを保有するマダニに刺咬されることで感染します。
  • 主な症状は発熱、消化器症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、下血)であり、ときに、頭痛、筋肉痛、神経症状、リンパ節腫脹、出血症状などを伴います。血液所見では、血小板減少、白血球減少、血清酵素の上昇が認められます。致死率は10~30%程度です。

(2)全国でのSFTS発生状況

H29 H30 R元 R2 R3 R4
人数(人) 90 77 102 75 110 113

令和4年分は令和4年11月18日時点の速報値

 

3.予防方法

(1)マダニに咬まれないために

  • 草むらや藪などに入る場合は、肌の露出を少なくしましょう(長袖・長ズボンを着用する、足を完全に覆う靴を履く、首にタオルを巻くなど)
  • 虫除け剤を適切に使用しましょう。
  • 屋外活動後は入浴し、ダニに咬まれていないか確認しましょう。

(2)マダニに咬まれた場合

  • マダニに咬まれているのを見つけたときは、無理に引き抜こうとせず、皮膚科などの医療機関で処置をしてもらいましょう。
  • マダニに咬まれた後、数週間は体調の変化に注意し、発熱等の症状が認められた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。マダニに咬まれたことを医師に説明してください。

 

4.SFTSに関する情報については下記のホームページをご覧ください。

  • 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522.html

  • 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)(国立感染症研究所)

https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/sa/sfts.html

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室感染症対策課感染症対策推進班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館3階

電話番号:076-444-8920

ファックス番号:076-444-8900

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?