更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

福祉サービス第三者評価制度の経緯

福祉サービスの第三者評価は、平成9年、厚生省(当時)において検討が始まった社会福祉基礎構造改革において、その理念を具体化する仕組みの一つとして位置づけられました。そして、平成10年6月「社会福祉基礎構造改革について(中間のまとめ)」を受けて、具体的に検討が始められ、平成12年6月に施行された社会福祉法第78条において、「福祉サービスの質の向上のための措置等」として「社会福祉事業の経営者は自らのその提供する福祉サービスの質の評価を行うことその他の措置を講じることにより、利用者の立場に立った良質なサービスを提供することに努めること」とされ、法的にも位置づけられました。
厚生労働省では、平成13年3月「福祉サービスにおける第三者評価事業に関する報告書」をとりまとめ、福祉サービスの向上と利用者の選択の材料となるようにするため、福祉分野の第三者評価事業を導入することとし、同年5月に「福祉サービスの第三者評価事業の実施要領について(指針)」を通知しました。(以後「障害者・児施設の福祉サービスの第三者評価基準(平成13年7月)」、「児童福祉施設における福祉サービスの第三者評価指針(平成14年4月、平成15年5月)」に関する通知を発出。)
富山県では、この流れを受けて、平成15年に福祉サービス事業者・利用者に対して第三者評価に関するアンケートを実施するとともに、既に実施している都府県の調査等を行い、平成16年6月に学識経験者、福祉事業者、利用者代表で構成する「富山県福祉サービス第三者評価検討委員会」を設置し、第三者評価制度の検討を行いました。
平成17年1月には、「富山県福祉サービス第三者評価推進機構」を立ち上げ、正式に制度をスタートさせました。

関連ファイル

第三者評価PRパンフレット(PDF:674KB)

お問い合わせ

所属課室:厚生部厚生企画課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3196

ファックス番号:076-444-3491

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?