トップページ > 県政の情報 > 広報・情報公開 > 広報誌・番組 > 広報紙「県広報とやま」(2016年1月号~) > 2022年 > 「県広報とやま」2022年6月号 NO.501 > がんばる富山ほほえみリレー「みんなが感じる、生きるうれしさ、働くよろこび。」

更新日:2022年6月5日

ここから本文です。

がんばる富山ほほえみリレー「みんなが感じる、生きるうれしさ、働くよろこび。」

社会福祉法人 宣長康久会 地域密着型特別養護老人ホーム ささづ苑かすが

1-1 

(左から)松永詩歩さん、鎌宏則さん、原佳凜さん、江尻勇輝さん

 

 ささづ苑かすがは地域とのつながりを大切に、共生した社会づくりに取り組むとともに、介護ロボットやICT(情報通信技術)の導入モデルとして、全国老人福祉施設協議会が指定する国内8つの施設の一つに選ばれています。「導入による環境改善を実証し、全国に向けて情報発信していきたいですね」と話す古柴政美施設長。「利用者さんの幸せを第一に、誰もが介護の仕事に取り組みやすく、誇りとやりがいを感じながら働くことができる施設づくりを目指しています」と、この先を見据えています。

  1-2 1-3

  見守り支援ツールなどの情報を職員間でリアルタイムに共有

 

 

社会福祉法人 喜寿会 特別養護老人ホーム 七美ことぶき苑

1-4

(左から)藤沢広子さん、施設長 川口彰俊さん、飯田香織さん、上石哲也さん

 

 2017年から福祉用具や介護ロボット、ICTの導入を進めてきた七美ことぶき苑。当初は手作業の方が早い、温もりがないなどの反発もあったと施設長の川口彰俊さんは振り返ります。「人の手による情緒的な介護は職員の負担はもちろん、利用者さんにもケガなどのリスクがある。『情緒×科学』のシナジー効果で情緒的な介護も発展できると考えました」。福祉用具や介護ロボットの導入で、利用者さんが快適になり、皮下出血などの事故が半減し、職員の腰痛が大幅に減ったとのこと。「人間工学、生理学など専門性を深め、さらに介護のスキルを磨いていきたいと考えています」と、川口さんは思いを膨らませています。

     1-5 1-6

      各利用者さんの状態に合わせた福祉用具でリスク・負担を軽減

 

お問い合わせ

所属課室:知事政策局広報課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-8909

ファックス番号:076-444-3478

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?