更新日:2022年1月9日

ここから本文です。

料理レシピ「里芋とメルヘンポークの照り焼き」

里芋とメルヘンポークの照り焼き

 小矢部市の特産品を使ったレシピです。「メルヘンポーク」はおいしい水とハーブ・蓬(よもぎ)などを混ぜた飼料で育てた豚肉。「縄文のさといも」は粘りが強く煮崩れしないのが特徴。豚肉は疲労回復効果が期待でき、里芋は高血圧予防になるといわれています。

 

【材料・分量(4人分)】 1人分/約293kcal

縄文のさといも(里芋)…6個、メルヘンポーク肩ロース薄切り(豚肩ロース薄切り)…260g、サラダ油…大さじ2/3、小ねぎ…12g、片栗粉…適量 

A砂糖…大さじ1と1/3、しょうゆ…大さじ1と1/3、酒…大さじ1と2/3、みりん…大さじ2/3

 

  1. 里芋は皮をむき、一口大に切る。柔らかくなるまで下茹でし、ザルにあけて水気を切る。
  2. 小ねぎは小口切りにする。
  3. 豚肉は食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶす。フライパンにサラダ油を入れ、中火で焼く。
  4. 豚肉が焼けたら里芋を加えてさっと炒め、Aを加えて照りが出るまで煮詰める。
  5. 皿に盛り、小ねぎを散らす。

 

<協力>小矢部市食生活改善推進協議会

 

お問い合わせ

所属課室:知事政策局広報課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-8909

ファックス番号:076-444-3478

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?