トップページ > 防災・安全 > 防災・消防・国民保護 > 高圧ガス > 高圧ガス事業所What-if入門書を作成しました

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

高圧ガス事業所What-if入門書を作成しました

設備の老朽化や誤操作等のヒューマンエラーによる高圧ガス事故を防止するため、その原因になりうる設備や運転操作(危険源)を特定して対策を講ずる「リスクアセスメント」の取組みを推進する必要があります。

このたび、県と富山県高圧ガス安全協会では、危険源の特定手法の1つである「What-if」に関する入門書を作成しました。

「What-if」は、「もし…であるならば」「もし…が起こったら」という、機器の故障や誤操作などの異常を想定して問いかけることにより、潜在する危険源を洗い出す手法であり、比較的短時間で実施でき、自由な発想で質問を投げかける手法であるため、これまでリスクアセスメントをあまり実施したことのない中小の事業所でも取り組みやすいものです。

事業所におかれては、本入門書を参考にリスクアセスメントの取組みを進められ、事故を未然に防止されるようお願いいたします。

本書の特徴

  • (1) What-ifの進め方について、資料などの事前準備から、ミーティングの進め方、記録方法まで、実施事例を追いながら、分かりやすく解説
  • (2) What-if質問がイメージしやすいよう質問例を掲載
  • (3) 実施結果を記録する様式を添付

入門書表紙

関連ファイル

高圧ガス事業所What-if入門書(PDF:16,375KB)

関連リンク

高圧ガス事業所リスクアセスメント・ガイドの作成について

お問い合わせ

所属課室:危機管理局消防課ガス火薬保安係

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3142

ファックス番号:076-444-3489

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?