更新日:2022年3月30日

ここから本文です。

とやまの名水を知ろう

富山県は、立山連峰をはじめとする山々に囲まれ、これらを源とする黒部川、神通川、庄川など大小300にものぼる河川により平野が潤され、良質で豊富な水に恵まれており、まさに「水の王国とやま」です。ここでは、そんな「水の王国とやま」の名にふさわしい湧き水、川、公園など「とやまの名水」全66件を紹介します。

地図から探してみよう

地図上のピンをクリックするとより詳しい紹介ページのリンクが表示されます。また、マップの右上のボタンボタンで拡大できます。

「とやまの名水」ってなに?

富山の水が持つ“きれいさ・ゆたかさ・優れた水環境”を、県内だけでなく、全国の人たちに知ってもらうために、富山県が専門家の意見を基に選んだ場所のこと。昭和61年2月に選ばれた55件と、そのあと平成17年、18年に選ばれた11件を合わせた66件を「とやまの名水」と呼んでいます。

「とやまの名水」選定基準

  • (1)きれいな水で、古くから生活形態や水利用等において、水質保全のための社会的配慮が払われているもの
  • (2)湧き水等で、ある程度の水量を有する良質なものであり、地方公共団体等において、その保全に力を入れているもの
  • (3)いわゆる名水として、故事来歴を有するもの
  • (4)そのほか、特に自然性が豊かであり、希少性や特異性を有するなど、優良な水環境として後世に残したいもの

なかには環境省の「名水百選」に選ばれた名水もあります

環境省では、全国各地の優れた水や水環境を、「名水百選」(昭和60年3月)及び「平成の名水百選」(平成20年6月)として選定しています。
昭和60年の「名水百選」には、県内から4か所が選ばれ、その後の「とやまの名水」の選定につながるなど、県内の水環境のすばらしさを見直すきっかけとなりました。
現在、この2つの名水百選には、富山県からそれぞれ4か所ずつ、計8か所が選ばれており、これは全国で一番多い数となっています。

名水百選(昭和60年3月)

平成の名水百選(平成20年6月)

  • いたち川の水辺と清水(富山市)
    いたち川のうち、地蔵尊や水神社が集中し、特に遊歩道、親水公園等が整備されている、大泉本町から今木町までの川べりとその周辺の湧水。
    とやまの名水としては、石倉町の延命地蔵の水(富山市)が選定されています。

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部環境保全課水質保全係

〒930-0005 富山市新桜町5-3 第2富山電気ビルディング8階

電話番号:076-444-3146

ファックス番号:076-444-3481

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?