トップページ > 県土づくり > 道路・港湾 > 道路 > 親子ふれあい見学会「橋をツクル×ミル×マナブ」が開催されました!

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

親子ふれあい見学会「橋をツクル×ミル×マナブ」が開催されました!

“橋をツクル×ミル×マナブ ~世紀の難工事?ペーパーブリッジを架けろ!~”をテーマとした「土木学会中部支部 親子ふれあい見学会」が開催されました!
見学会では、土木の花形である「橋」をテーマに、ペーパーブリッジの制作や実際の橋の見学を行い、橋づくりの面白さ、大変さを学ぶことで、土木の魅力を感じてもらいました。
なお、この見学会は土木学会中部支部主催、富山県後援の事業です。

見学会の概要

  • 親子ふれあい見学会のパンフレットテーマ:橋をツクル×ミル×マナブ
    世紀の難工事?ペーパーブリッジを架けろ!
  • 開催日時:平成28年7月24日(日曜日)
    9時00分~15時30分
  • 内容:
  • (1)“紙で橋をツクル”
    ~ペーパーブリッジ教室~
    橋を知ろう!
    アーチ橋を作ろう!
    桁橋を作ろう!
  • (2)“橋を船の上からミル
    ~橋の裏ってどんなの?!松川橋めぐり~
    松川遊覧船による船上からの橋見学
  • (3)“橋の歴史や役割をマナブ”
    ~路面電車が通る橋の架け替え 富山大橋~

見学会の様子1(ペーパーブリッジ教室:アーチ橋)

ペーパーブリッジ教室(アーチ橋)の様子紙でアーチ橋を作りました!
みなさん真剣に紙を切り、7つのブロックに分かれたアーチ橋を制作しました。
最後にペットボトルを載せて、アーチ効果を実感しました。
形状による特徴をうまく使って、橋ができていることを知ってもらい、土木の奥深さを感じてもらいました!

見学会の様子2(ペーパーブリッジ教室:桁橋)

ペーパーブリッジ教室(桁橋)の様子今度は紙で桁橋を作りました!
2主桁単純桁橋を紙とのりで制作し、みなさん、溶接の職人さんのように真剣にのりづけ作業を行いました!
最後には、橋の強さを確認するため、ペットボトルの重さにどれだけ耐えられるか確認しました。
橋を自分でつくることにより、構造や仕組みを学ぶとともに、橋づくりの面白さや大変さを感じてもらい、土木に興味をもってもらえました。

見学会の様子3(松川橋めぐり)

松川橋めぐり見学会の様子午後からは、富山観光遊覧船のチャーター船で松川の橋めぐりをしました!
いつもは見れない橋の裏側を見ることで、午前中に学んだ橋の構造や仕組みの理解が深まるとともに、一つの川にも色んな橋が架かっていることを学んでもらいました。

見学会の様子4(富山大橋)

富山大橋見学会の様子次に路面電車が通る橋「富山大橋」を見学しました!
橋の歴史や構造、架け替え工事の内容について学びました。

参加者の声

参加者からのアンケートでは、橋の構造や歴史などが学べてよかったなどのご意見を頂きました。
橋の構造や仕組みをペーパーブリッジで学び、実際の橋を見て確認することで、橋に興味をもってもらうとともに、土木の魅力を伝えることができました。

関連リンク

土木学会中部支部(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:土木部建設技術企画課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館4階

電話番号:076-444-3316

ファックス番号:076-442-7954

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?