トップページ > くらし・健康・教育 > 相談窓口・施設案内 > 相談窓口 > 多人数の居住実態がありながら防火関係規定などの建築基準法の疑いのある建築物の情報提供について

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

多人数の居住実態がありながら防火関係規定などの建築基準法の疑いのある建築物の情報提供について

多人数の居住実態がありながらオフィス、倉庫等の用途に供している建築物であると称して、建築基準法の防火関係規定違反などの疑いのある状況で使用されている物件が、全国で確認されています。
これらの物件については、建築基準法上の「寄宿舎」に該当する可能性が高く、防火上主要な間仕切り壁を準耐火構造とすることなどが必要と考えられます。
今般、国土交通省において情報提供を受け付ける相談窓口が設置されましたので、建築基準法違反の疑いがある建築物を発見した場合には、下記URLにより国土交通省に情報提供していただくか、富山県までご連絡ください。

建築基準法違反の疑いのある建築物の例

  • 木造2階建ての戸建て住宅や事務所ビルの1フロアを改造し、建具等で元々の部屋を人一人がようやく寝起きできる程度の広さの空間に区切って人が住んでいる。
  • 戸建て住宅地の中にありながら、貸しオフィスや貸倉庫として募集がされ、実際にはその建物で大勢の人が寝起きをしている。

国土交通省 情報受付窓口のURL

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr_000052.html

お問い合わせ

所属課室:土木部建築住宅課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館4階

電話番号:076-444-3355

ファックス番号:076-444-4423

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?